開く
閉じる

土地活用・アパート経営で所得税を節税!

このページでは、土地活用・アパート経営で所得税を節税する方法を調べています。

所得税とは

所得税は、1年を通じた個人の所得(収入から所得控除を引いた金額)に対し、定められた割合で課せられる税金です。

会社員の場合は、毎月の賃金が支払われる際に「源泉徴収」として差し引かれ、詳細は年末に調整されます。

毎月のこととなると、あまり深く気にも留めなくなりますが、1年間の総計は所得の何分の一かにあたるため「結構、税金に取られているんだなぁ」と感じる人も多いと思います。

アパート経営による所得税の減税について

所有している遊休地にアパートやマンションを建てれば、家賃収入を見込むことができます。「でも家賃収入も所得となって、税金が課せられることになるんでしょう?」と考える人がいるかもしれません。

確かにその通りなのですが、土地+空き家の遊休地を放置しておくと、固定資産税(+ほとんどのケースで都市計画税)が課税されてしまいます。

目安として、空き家をそのままにしておくと、以下のような税金が課せられます。

  • 評価額2,000万円の土地…約30万円の固定資産税+都市計画税
  • 評価額5,000万円の土地…約90万円の固定資産税+都市計画税

毎年これらの金額を払う方が得なのか、それともアパート経営を開始し、固定資産税+所得税を払う方が得なのか、よく考えてみる必要があります。

アパート経営による所得税減税効果

単なる家賃収入の年計だけを申告するのではなく、必要経費を差し引くことができます。その内訳には管理費や修繕費があるのはもちろん、先述の固定資産税やローン金利といったものも、計上可能。

さらに実際には何の出費も伴わない「減価償却費」なども計上できるため、その総額は意外に大きく、課税対象はかなり軽減することが可能になるのです。

実際、アパート経営当初は帳簿上赤字になるケースが多く、サラリーマン大家の場合は、確定申告時に還付金を受けられるケースさえあります。

また固定資産税+土地計画税ですが、アパート経営を行うことで課税額が変わり、固定資産税は6分の1、そして都市計画税は3分の1にまで減額されます。評価額5,000万円の土地なら年間約90万円が約17万円にまで圧縮されるため、かなりお得です。

線

いかがでしょうか?遊休地を放置しておくと、10年間で1,000万円近い固定資産税を支払わなくてはならなくなります。

しかしアパート経営に乗り出せば固定資産税を節税できるほか、所得税を低く抑えながら、定期収入を得られるのです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較