開く
閉じる
 

土地活用・アパート経営の資金調達方法

このページでは、アパート経営による土地活用の資金調達を、融資(ローン)で行う場合について、調査しています。資金不足が気になる人は、ぜひ注目して下さい。

賃貸物件を建て、家賃収入を得ていくことで運用する

物件

遊休地を所有する人にとっては、魅力的な土地の活用法です。しかしその初期費用の高さから、実行に難色を示す人は当然少なくありません。

実際、アパートの建設には数千万円単位の金額がかかります。「現在の貯金では、とても賄えない」という人がほとんどでしょう。

またアパートの経営が、最初から順調に進むとは限りません。入居者がなかなか集まらない、設備に不具合が起きるなど、経営開始後に資金難に遭遇することもあるので、自己資金はなるべく多いに越したことはありません。

しかし自己資金に不安がある場合でも、金融機関から融資を受けることで、アパート経営をスタートさせることはできます。何もせず土地を遊ばせておくだけでは、固定資産税の支払い損。無駄な出費で預金を減らし続けるより、数年かけて減価償却していく方が、得策だとは思いませんか?

目先の借金より、長い目で見た利益の回収を検討してみましょう。

アパートローンとは

金融機関は「住宅ローン」同様、「アパートローン」という商品を用意しています。金融機関によって内容の違いがあるため、よく比較検討する必要はありますが、住宅ローン同様、長期低金利の融資が受けられるので、注目して損はありません。

もちろん、融資の際には審査があります。そのポイントは、以下に大別されます。

  • 物件の価値…土地や建物に、借入金額以上の担保価値はあるか。
  • 事業計画…空室や賃料下落、そして金利上昇などのリスクにさらされても、返済は可能か。
  • 借入人について…既存データを元に、経済状況をチェック。

審査は都市銀行が最も厳しく、地方銀行や信用金庫はハードルが比較的低めの様子。ただし金利はこの序列に反比例し、都市銀行が最も安く設定されます。

さらにアパート経営に関して相談している不動産会社が、提携の金融機関を紹介してくれる場合も。こうしたケースでは、金利面の優遇や審査のハードルが低くなるといったメリットがあります。

いずれにせよ複数社の内容をよく比較し、必要なら条件を交渉する積極性も欲しいところです。

ローン期間の設定について

ローンを組む際に決めておかなくてはならないのが、期間です。

「返済期間を長く設定すると、月額が下がる代わりに金利が上がる」、「返済期間を短く設定すると、金利が下がる代わりに月額が上がる」のは、アパートローンも同じ。

ただしアパート経営の場合、数十年単位の返済期間を設定してしまうと、返済を迎えるころに大幅なリフォームが待ち構えていることも考えられます。専門家のアドバイスにも耳を傾けながら、確実性の高い事業収支計画を立てておくことが大切です。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

土地活用でアパート経営にかかる資金はいくら?
土地活用でアパート経営に必要な初期費用はいくら?
土地活用・アパート経営のランニングコストはいくら?
土地活用・アパート建築の見積もり時の注意点