開く
閉じる
アパート経営で土地活用/東京で選ぶべき会社を比較 » 関東地方でアパート経営をお考えの方へ

関東地方でアパート経営をお考えの方へ

都道府県別に見るアパート経営事情【関東編】

2018年のデータによると、日本全国の住宅地において、地価はやや上昇傾向にあります。中でも、東京都は上昇率が2パーセント以上、近隣の埼玉県、神奈川県、千葉県に関しても、1パーセント弱の上昇が見られます。これは東京都自体の人気が高いことによって、近隣の地価も引っ張られている、ということが要因として挙げられるでしょう。

東京、そして東京への通勤圏となるエリアでの土地活用、とりわけアパート経営は、比較的有益なビジネスであると言えそうです。

東京都

ここ数年、東京都では不動産の価格が上昇傾向にありました。これは単純に東京への移住者が多くて物件のニーズがあるということに加え、近隣の都市開発が進んだこと、そして国内外の投資家による不動産投資が盛んに行われたことが理由として考えられます。

すると、「物件のニーズが落ち着く2021年以降は、不動産価格が下落するのではないか」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。これに関しては、ひと言で言えば、ニーズがある土地かどうか、という点が大きいでしょう。駅に近い、主要駅へのアクセスがいい、という場所はシンプルに住居としてニーズが高いので、価格下落の影響を受けにくい、という点は見逃せません。

東京都内でアパート経営をするのであれば、まずはそうした土地を押さえられるかどうか、という点がカギになってきそうです。

東京都の
不動産事情をチェック

埼玉県

東京都に隣接する埼玉県は、東京都のベッドタウンとして栄えてきており、東京で働く人たちが多く住む場所でもあります。都内と比べると比較的家賃が安く、それでいて県の南部であれば。都内へのアクセスも悪くありません。埼玉県の中では、政令指定都市であるさいたま市や、東京都に隣接する川口市、小江戸として栄えてきた川越市などが人気です。もし、埼玉県内で不動産投資を行うのであれば、これらの市をメインで考えてみるといいでしょう。

ただ、場所によっては駅へのアクセスが不便なところもあるので、事前の調査は欠かせません。駅に近い利便性の高い場所であれば、住人が安定して居住してくれる可能性が高くなるので、物件探しに関しては慎重に行っていくようにしましょう。

埼玉県の
不動産事情をチェック

神奈川県

神奈川県にも、東京都内へ通勤する人が多く住んでいます。ただ、県内には横浜市や川崎市といった大都市があり、そこで働く方もたくさんいます。なお、神奈川県内の地価に関して、商業地は5年で約8%もの上昇を見せていますが、一方で住宅地の上昇率は1.2%ほどであり、双方には大きな開きがあります。

また、神奈川県内でも地価が上昇しているのは、茅ヶ崎市よりも東部になります。県内西部の小田原市や箱根町といった名称があるエリアであっても、地価は下落傾向にあります。やはり、大都市圏にアクセスしやすい場所としにくい場所で、大きな差があると言えるでしょう。これから神奈川県内でアパート経営を考えるのであれば、そうしたアクセス面の問題については特にしっかりと考える必要性がありそうです。

神奈川県の
不動産事情をチェック

千葉県

千葉県も、東京都内に通勤する人など、東京へのアクセスを念頭において住居を借りる人が多い地域です。なお、千葉県内でここ数年最も地価の上昇率が高いのが、君津市、木更津市といった内房エリア。これはアクアライン開通によって、都内へのアクセスが格段に向上したことが理由と言えそうです。また、もともとこのあたりは地価が非常に低かった、ということも理由に挙げられるでしょう。

なお、それ以外の年でいうと、やはり東京にアクセスしやすく、なおかつ県内でも栄えている千葉市、船橋市、浦安市といった市は地価が上昇傾向にあります。千葉県内でアパート経営をするのであれば、こうしたアクセス面を考慮した上で、適した立地を探して物件を所有するべきでしょう。それが、長くアパート経営を安定して続けていくためのカギとなってきそうです。

千葉県の
不動産事情をチェック

栃木県

栃木県では、宇都宮市が突出して地価が高く、その分アパートの需要も高いと言えそうです。ただ、場所によっては相続税対策で建てられたアパートが林立しているところもあり、そうした物件の中には入居率が著しく低いところもあるようです。明確な意図を持ち、ユーザー目線に立った物件に関しては高い入居率があるということなので、土地選びから始める際には、ニーズの高い場所を選ぶと共に、運営に関しても本腰を入れて行っていく必要があるでしょう。

栃木県の
不動産事情をチェック

茨城県

茨城県内では、守谷市やつくば市など、つくばエクスプレス沿線の住宅需要が高まっているようです。これはやはり、東京へのアクセスが非常に良好である、ということが大きいでしょう。また、それ以外の自治体の中では、「立地適正化計画」で居住エリアを絞っていく傾向にあるところも見受けられます。値段だけで土地を選んでしまうと痛い目を見ることになりかねないので、実地調査や行政の方向性なども、しっかりと把握するようにしましょう。

茨城県の
不動産事情をチェック

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地の対応も得意!
    企画力なら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較