開く
閉じる

東京都

このページでは、東京都で賃貸物件を経営しようとお考えの方に向けて、東京都の賃貸物件事情について紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

東京都の概要

東京都は日本の首都であり、1000万人をゆうに超える人口がいる世界有数の大都市です。中央区や港区、千代田区といったエリアは地価が非常に高くなっており、世田谷区や足立区、江戸川区といったエリアに人口が集中している傾向があります。

特に世田谷区は、一区で人口が90万人を超えるという人気のエリアです。

オリンピック後は地価の低下が予想される

東京都はここ数年、地価上昇が続いていました。それは東京オリンピックの開催に伴うインフラの強化、再開発、あるいは投資家による不動産への投資が続いていたからです。ただ、再開発については東京オリンピックの開催と共に潮目が変わりますし、投資に関しても、すでに売り抜けが始まっている、というような状況です。

つまり、この先東京の地下は徐々に下落傾向にある、という予想が立てられます。

地価の下落と賃料の低下は比例しない

地価が下落するということで、不動産経営をしていく際の要となる賃料が下がる、ということを心配される方もいらっしゃるかもしれません。それはあくまで投資の兼ね合いによるところが大きく、不動産本来の目的である「住む」という点で価値を担保できていれば、特に心配することはないかと思われます。利便性の高い、人々に人気のあるエリア・場所の物件は、それだけの価値が住人にあるということなので、価格の下落などにはあまりつながらないのです。

ポイントは「通勤時間」

そうすると、どういうエリアに人が集まるのか、不動産物件のニーズがあるのか、という点が気になりますよね。

そこで一つラインになるのが、「通勤時間1時間以内」という目安です。

東京都には多くの会社があり、そこに通勤する人も本当にたくさんいます。その人たちが物件探しで意識するのが、会社への通勤時間です。

つまり、会社のあるエリアへのアクセスが容易で時間が短いほど、会社勤めの人たちにとってニーズは大きくなるのです。

この場合の通勤時間は乗り換えも入るので、主要駅まで1本で行けるような駅に人気が集まるでしょう。また、快速が止まる、というのもポイントかもしれません。

東京都でアパート経営を行なうには

東京都は住宅のニーズが高いと言っても、賃貸物件経営を行う場合は、事前にどこで物件を持つか、ということはしっかりと考えておかなくてはなりません。

東京都は区によってワンルームマンションを規制する条例があるなど、物件建築、経営に関して制約がかかることも少なくないようです。そうした点を事前にしっかりとリサーチし、特にアクセス面で人々にメリットのある場所で物件経営を行うことが、長く安定して続けていくことにつながります。

また、物件建築を一から行う、土地探しも任せるということであれば、そうした点をしっかりと念頭に置いて仕事をしてくれる業者に依頼をするようにしましょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較