開く
閉じる
アパート経営で土地活用/東京で選ぶべき会社を比較 » 九州・沖縄でアパート経営をお考えの方へ

九州・沖縄でアパート経営をお考えの方へ

都道府県別に見るアパート経営事情【九州・沖縄編】

このページでは、九州・沖縄でアパート経営を考えている方に向けて、県別の人口や不動産事情などを簡単にまとめています。アパート経営を成功させるには、現地の情報をしっかりと把握し、それに応じて適切な動きをしていくことが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

福岡県

九州最大の都市・福岡がある福岡県は、九州中から人が集まってくる地域。必然的に人気も高くなり、地価も上昇傾向にあります。平成30年から31年にかけての住宅地における地価変動率に関しては2パーセント以上を記録しました。これは東京都・宮城県と並ぶ高水準となっています。ただ、それだけに賃貸住宅の総数も多く、空き家率も九州の中では最も高い18.9パーセントを記録。福岡でアパート経営を行うのであれば、ニーズのある地域をしっかりと見極めていく必要がありそうです。

福岡県の
不動産事情をチェック

佐賀県

佐賀県は空室率が15.7パーセントと、九州地方の中では最も低い県となっています。それだけ住居に対するニーズが多いエリアだと言えるでしょう。実際、福岡などへの交通の便もいいので、ベッドタウンとして一定の需要があるようです。また、政府が発表している都道府県別地価変動率によると、平成30年から31年にかけてマイナスからプラスに転じた都道府県はわずか4つなのですが、その中の一つが佐賀県となっています。ニーズをしっかりと見極めれば、安定したアパート経営ができそうですね。

佐賀県の
不動産事情をチェック

熊本県

熊本県は、九州の中では都道府県別地価変動率が安定してプラス域で推移している地域です。住宅の数は鹿児島県と同程度で、九州では福岡県の次に住宅があるエリア。空室率は17.9パーセントと、九州の中では平均的な数値となっています。熊本市など県の中心地では一定の住宅ニーズがありますが、山あいの地域だとアパート経営はなかなかに難しいところがあるかもしれません。場所選びにはしっかりと気を使っていきたいところですね。

熊本県の
不動産事情をチェック

大分県

九州地方の中ほどにある大分県は、平成30年から31年にかけて、都道府県別地価変動率がプラス1〜2パーセントで推移している地域となっています。空室率は18.1パーセントで、福岡県の中では平均程度。市街地の他、温泉地で働く人向けの物件などにニーズがありそうです。また、温泉地があるということから、別荘的な形でアパートを借りるという人もいるかも。しっかりとニーズと立地を見極めていくことで、アパート経営を成功へと導いていけるかもしれません。

大分県の
不動産事情をチェック

長崎県

長崎県は、平成30年から31年にかけて、都道府県別地価変動率がプラス1〜2パーセントで推移している地域となっている地域。地価が上がっているということは、それだけ住居のニーズが増している、と言えるでしょう。空室率は18.4パーセントと、九州全体で見るとやや高目。ただ、空室の原因がどこにあるかをきちんと見極めていけば、それに対応したアパート経営を行っていけるかもしれません。まずは現地の様子をチェックし、しっかりと分析を行っていきたいところです。

長崎県の
不動産事情をチェック

宮崎県

宮崎県では、平成30年から31年にかけての都道府県別地価変動率が1パーセント以上の下落を見せている地域となっています。人口自体が20年以上前から下落傾向にあり、自治体も人口減少に歯止めをかけようと、さまざまな取り組みを行っているようです。そうしたエリアでアパート経営を行うのであれば、リーズナブルできれいな物件を用意し、立地も便利なところを選ぶなど、いろいろな点でこだわっていく必要がありそうです。難しいところはあるかもしれませんが、それだけに一度安定すれば、競合があまりない状態で経営を行っていけるかもしれませんね。

宮崎県の
不動産事情をチェック

鹿児島県

九州の南端にある鹿児島県は、近年の都道府県別地価変動率が1パーセント以上の下落を続けている県となっています。住宅の総数は熊本県と並んで九州では2、3番手というところ、空室率は17.6パーセントとなっています。鹿児島市など県内でも栄えているエリアであれば、アパートにも一定のニーズがありそう。また、指宿などの温泉地もあるので、リゾート目的の別荘的な物件にも一定の需要があるかもしれません。まずはその地域でどんな物件が求められているかをリサーチし、それにあった立地・物件でアパート経営に踏み切るようにするといいでしょう。

鹿児島県の
不動産事情をチェック

沖縄県

沖縄県は、平成30年から31年にかけての都道府県別地価変動率が5パーセント以上上昇している県。この数字は、全国でもトップとなっています。また、県内の空室率は九州を含めても最も低い、11.7パーセント。地価は高いですが、物件自体のニーズは非常にある地域と言えそうです。沖縄と言えば、美しい海をはじめとするリゾートや、栄えている中心部など、それぞれのエリアでニーズが違います。それに応じて住民のタイプも大きく変わるので、物件を所有する際は入居者のイメージをしっかりと持った上で、アパート経営に乗り出すようにしましょう。

沖縄県の
不動産事情をチェック

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地狭小地で数百の実績
    高利回りを実現するなら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプランで
    地方の土地を得意とする
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ大手
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較