開く
閉じる
アパート経営で土地活用/東京で選ぶべき会社を比較 » 初めての土地活用~アパート経営とは~ » 【土地活用】アパート経営の管理はどうすればいい?

【土地活用】アパート経営の管理はどうすればいい?

土地活用目的でアパートを建設し、入居者が順調に集まったら、日々の業務を管理する仕事が発生してきます。

アパート経営の基礎知識:管理業務とは?

土地活用目的で運営を行うオーナーにとって、アパートは投資の対象と呼べますが、居住者にとっては毎日の生活を営む場所。両者の目的が円滑に達成されるために、管理業務は必要不可欠です。その内容は多岐に渡ります。

家賃回収

オーナーにとって、家賃はアパート経営の要となる収入源です。その回収は一般的に銀行振り込みのかたちで行われていますが、中には滞納する居住者も…。こうした場合、督促に動かなければなりません。

入居者募集~契約

これも管理業務のひとつです。希望者の審査や契約締結なども、管理業務の中に含まれます。契約書なども、事前に用意して適宜変更を加える必要があるでしょう。

契約更新~退室

契約期間の満了時に入居者へ声がけを行い、更新の意思が伝えられた場合は再契約を行います。また退出者が出た場合は、室内のクリーニングなどを手配するのも管理業務のひとつです。

トラブル対応

入居者から寄せられる問い合わせや不満、そして設備の故障などに対応するのも、重要な管理業務のひとつ。怠ると、物件の評判が悪くなってしまうでしょう。

建物自体の管理

共用部の清掃や点検、そして修繕などの業務も、定期的に行っていく必要があります。特に修繕は早期の対応で、大規模な工事への発展が防げます。

賃貸管理には3つの方法がある

いかがでしょうか?アパートの管理業務は、決して簡単な作業でないことがおわかりいただけたのではないかと思います。

では実際の業務はどのように行っていけばよいのでしょうか?大別すると以下3つの方法が考えられます。

自己管理

名称通り、オーナー自身がアパートを管理する方法です。昔ながらのアパートには管理人室があり、オーナーが常駐して生活を営んでいる場合もあります。

しかし、土地活用目的でアパートを経営している場合、オーナーの拠点は別のエリアにあることも多いため、自己管理を行うのは実質上難しいケースも多いようです。

アパート経営の
自己管理について

集金管理

日々の管理業務はオーナー自身が行うものの、煩わしい家賃回収の部分に関してのみ、業者に依頼する方法。メリットは、滞納者が発生した時に実感しやすくなります。督促を代行してもらえるほか、契約内容によって金額の一部が保証されることも。

ただし近年は、集金管理を含めた業務代行を一括して行うケースが増え、この方法は一般的でなくなりつつあります。

アパート経営の
集金管理について

サブリース

アパートの管理業務を、不動産会社に一括で依頼する方法です。すべての業務を代行してもらえるので、オーナー自身が他に仕事を持っていたり、遠方に住んでいる場合でも問題なし。また何かトラブルが発生した場合でも、すぐに連絡をもらえるため安心です。

ただし、もちろん対価は発生します。一体、どのくらいが相場なのでしょうか…?

アパート経営の
サブリースについて

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較