開く
閉じる

【土地活用】アパート経営は収支計画が大事!

このページでは、アパート経営で土地活用する際の、収支計画について調査しています。

放置しておくと課税される一方の遊休地ですが、土地活用すれば収入も得られます。しかし出費も付きまといますから、収支計画をきちんと立てる必要がありそうです。

土地活用(アパート経営)における収支計画とは

アパート経営における収支計画とは「家賃収入」から「支出」を引くと、どのくらいの利益が見込めるのか、見当をつけておくための指針。年単位でまとめていきます。一番初めの年度だけでなく、~5年~10年程度先まで見越しながら、作成していくのが一般的です。

収支計画立案の際に必要な項目例

  • 家賃のフィックス…収入を測るために欠かせない要素。
  • ローン…アパートローンの返済額は、支出を測るために欠かせない要素。変動金利を選択している場合は、金利上昇も念頭に入れておく必要あり。
  • 管理費…賃貸管理会社と契約する場合は、あらかじめ管理費についても確認を。
  • 租税公課…建物や敷地にかかる税金。
  • 火災や地震保険…年間の支払額合計を確認。

もちろん、不測の事態で出費が嵩むこともありますから、必ず計画通りになるというわけではありません。しかし収支計画をきちんと立てたうえで経営に乗り出すことは、非常に大切。以下にその理由をまとめていきましょう。

収益が生み出せるようになっているか、事前に確認できる

アパート経営に乗り出した初年度は、もろもろの出費が嵩むため、赤字スタートということも考えられます。

しかし数年~5年の間に全く収益が生み出せないようなら、他の土地活用法を考えるべきかも?ローン返済とその他の支出の合計を上回る家賃収入が、いつまでも見込めないようだと、経営の意味がなくなってきます。

慎重に計画を立てすぎるあまり、不要な支出が多くなっていないかを見直すのに役立てましょう。

多額の出費に備えるための参考となる

アパート経営の場合、建物の経年劣化には、常に注意しなくてはなりません。外観や設備などに不良が目立つと、入居者や入居希望者離れが起きてしまうからです。

収支計画を立てておけば、5年後にはだいたいどのくらいの収益が上がっているかを測れます。その額に合わせ「毎年どの程度の修繕金を積み立てておくか」を決めることができるのです。

また入居者退去時の原状回復費なども、積み重なれば支出として馬鹿にはできません。あらかじめ、きちんと収支計画に盛り込んでいくようにしましょう。

空室リスクのバロメーターとなる

アパート経営の破綻は、空室により招かれます。収支計画を立てる際は、平均的な入居率と、最悪の場合の入居率をシミュレートしてみて。「空室率が何%までなら、収益が得られる」というデッドラインを測るために、役立ちます。

定期的な見直しも必須

アパート経営は、景気の動向などに左右されやすい側面があります。このため、経営開始当初に立てた10年分の収支計画が、現実的な内容でなくなる可能性があります。

「確かに景気が悪くなれば、金利が上がったり、修繕の工賃が上がるかも…」と悲観的になる人がいるかもしれませんが、家賃相場が上昇するという良い可能性も。

いずれにせよ、より現実に即した収支を測るために、計画を定期的に見直すことで、より堅実な経営を目指せるようになるはずです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較