開く
閉じる

福岡県

このページでは、福岡県でアパート経営をお考えの方に向けて、県内の不動産事情や人口、エリアの特徴などを紹介しています。アパート経営をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

福岡県の概要

福岡県は、九州の中でも経済、産業の面で中核を成す県です。特に福岡市は非常に賑わっており、これからますますの発展が期待されています。ただしそれほど広い都市ではないため、人口密度は非常に高くなっています。

場所選びが非常に重要

福岡県でアパート経営を考えるのであれば、「どこに」アパートを構えるかが非常に重要になってくるでしょう。利便性の高いエリアを選びたいところはやまやまですが、そうした場所は既に抑えられていることが多く、また空いていたとしても土地代が非常に高くつきそうです。たとえば、これから開発が進むようなエリアを選ぶといいかもしれません。

若者向けの物件がおすすめか

福岡県は近年、非常に人口が増えている自治体です。中でも特徴的なのが、10代、20代の数が多いこと。平成27年の国勢調査によると、高齢化社会が進む日本にあって、10代、20代の若者の割合は政令指定都市の中で最も多い、22.05パーセント。この数字を踏まえると、若者向けの単身者用アパートなどは、場所を選べば非常に高いニーズが見込めるかもしれません。

ファミリー向け物件にも商機あり?

福岡は若者が多いということですが、若者たちがいずれ結婚して家庭を設けることを考えた場合、ファミリー向けの物件というのも需要がありそうです。特に、福岡市のベッドタウンに位置づけられるような場所にファミリー向け物件を用意できれば、入居者の確保は比較的容易に進められるかもしれません。特に、駅へのアクセスが良好な場所であれば、その公算は非常に高くなると言えそうです。

福岡県の「変形地」事情

九州北東部に位置する福岡県は、福岡平野、筑後平野、直方平野など低地と、三郡山地、背振山地、耳納山地など山地の二つからなる地形が特徴です。北面には玄界灘、東面周防灘、南西に有明海と三方を海に接し、陸・山・海がバランスよく混じり合い、豊かな感じがします。

人口はもっぱら低地や臨海部に集中し、福岡市、北九州市、久留米市、大牟田市、筑紫野市はその典型で、このようなエリアの住宅地では各種変形地が散見されるようです。とりわけ中心都市の福岡市や北九州市では、売却が難しい変形地を多く抱えていることが想像できます。

「変形地」の売却方法

福岡県で保有する変形地は、どのように売却すればいいでしょうか?売却方法が見つからない方に向けて、ここではポイントを紹介していきます。

土地代の安さと利用価値をアピールする

変形地の売却が難しい理由は、整形地と比べて形状や面積においてデメリットが多いからです。しかし、変形地にしかないメリットも少なくないので、その点を理解した上で売却活動においてアピールすれば、買い手を見つけることは可能になります。

変形地のメリットは、取得価格が安いこと、土地代が安いため維持コストを抑えられること、マイホームは無理でもビジネスでは活用法があること、などです。他にも探せば、その土地だけの魅力や利用価値があるに違いありません。

このように、変形地ならではの特長をアピールしながら売却活動をすれば、購入者が見つかりやすくなります。

買取専門の不動産会社に相談する

不動産会社の中には買取を専門にしているところもありますが、このような専門会社に打診してみるのも一つの方法です。なぜなら、買取専門の不動産会社の中には、変形地のように通常では売却が難しい土地を専門に取り扱い、デメリットをメリットに変えたり、付加価値を付けて販売できるノウハウを有する会社もあるからです。

全ての変形地に対応できるとは限りませんが、現実に“狭小地でもOK”“三角地でもご相談ください”など、変形地の取引実績を持つ会社がいるのは確かなので、調べてみる価値はあるでしょう。

お隣さんに買い取ってもらう

身近な方法としては、お隣さんに買い取ってもらう方法もあります。この方法は意外に有効です。なぜなら、隣近所の中には隣接の土地を購入して、自分の土地の価値を高めたいと思っている人もいるからです。

例えば、旗竿地の土地保有者の場合、旗と竿の内側部分に面する土地をお隣さんが保有していたら、その土地を買い取って、自分の土地を整形地にしたいと思うことでしょう。このように、隣近所の中には隣接の土地を欲しいと考えている人が少なくありません。

従って、お隣さんに買い取ってもらう方法は、選択肢の一つとして持っておくことができます。

「変形地」の活用方法

変形地は売却できなくても、そのまま保有して土地活用する道もあります。その具体的な方法について紹介しましょう。

狭小アパートを建てる

狭小地や旗竿地の活用法では、狭小アパートの賃貸経営があります。狭小アパート、すなわち“狭い土地に建てる小さなアパート”のオーナーになることです。狭小地にアパートと聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、都市部にはこの手の需要が多く、入居者として利用したい人、オーナーになりたい人、共に要望が増えています。

極端に狭い土地は無理でも、15坪以下で戸数6戸、間取1Rの狭小アパートを建築して運用するなど、実績は数多くあり、変形地でもアパート経営は十分に可能です。

ニーズ調査の上、検討してみるといいでしょう。

トランクルームとして貸し出す

アパート経営より手軽な方法としては、トランクルーム経営もあります。トランクルーム経営は、コンテナのような貸倉庫を設置して使用者を募り、使用料を稼ぐというビジネスです。近年は需要が伸びており、利益率が高い、回収が早い、初期費用が安いなどのメリットがあります。

倉庫群というほどでなく、小規模から始められるのも特徴で、ランニングコストの安さと相まって、手軽に始められるのがトランクルーム経営の魅力です。

物置の需要が多いエリアに変形地を有している人は、検討の余地があるのではないでしょうか。

貸し農園にする

密集地帯で周りにマンションが多いという状況で変形地を有している場合は、貸し農園として活用する方法もあるでしょう。密集地帯のマンションには庭を持てない人も多く、それでいて土いじりや家庭菜園を楽しみたいと思ってる人も多いはずです。

農園といっても広大である必要はなく、1人1坪など細かく割り当てて貸し出せば、狭小地などでも十分に農園として成立します。

収益だけでなく、土や緑、自然を増やして景観を良くすれば社会貢献することにも繋がり、利用者の笑顔も含めて一石三鳥の効果があります。思い切ったアイデアですが、検討の価値ありです。

福岡県でアパート経営を行なうには

アパート経営は、うまく軌道に乗れば安定した収益が生まれるだけでなく、相続税や固定資産税対策にも効果的とされています。もちろん空室リスクなどもありますが、アクセスがよく、物件そのものがきれいで、家賃も適正ということであれば、そうした心配は少なくて済みそう。それだけに、重要になるのはアパート経営を考えているエリアのニーズ、土地の値段、そしてアパート建築の質です。特にアパートを新築するということであれば、運用することまでを見据え、信頼できる建築会社に依頼をするようにしましょう。土地選びから相談に乗ってくれる地元業者であれば、安心して任せられそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地狭小地で数百の実績
    高利回りを実現するなら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプランで
    地方の土地を得意とする
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ大手
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較