開く
閉じる
 

【土地活用】重層長屋のメリット

このページでは、重層長屋で土地活用するメリットについて調べています。

場所や法的緩和などメリットの多い重層長屋

重層長屋とは賃貸の集合住宅の一形態なのですが「共用部がなく、入口が各部屋に直接つながっている賃貸住宅」を指します。

対して共用の入口やエントランスホール、そして各部屋への扉が連なる共用廊下などのスペースがある賃貸住宅は「共同住宅」と呼ばれます。

ではオーナーにとって、重層長屋のメリットはどこにあるのでしょうか。

法的な規制が緩和される

共用部を持つ「共同住宅」は、建築基準法で「特殊建築物」として扱われます。特殊建築物を建築する際は、以下のような規制を遵守しなくてはなりません。

  • 「避難口からの避難経路や、幅の確保」、「敷地が道路に接する長さの制限」などが厳密に定められている。
  • 3階以上の建物は耐火建築にしなければならない。

上記以外にも細かな規制は数多いのですが、重層長屋は「対象外」とされていることが多くなっています。

今後建築基準法が変わる可能性はありますが、いまのところ重層長屋を選択すると、建築基準法に煩わされる部分が少なくなります。

共同住宅の建築が難しい場所でもOK!

アパートを建てる際、共用部のある「共同住宅形式」を選択してしまうと、上記の法規制を意識せざるを得なくなってきます。このため、東京などの都心に多い狭小地や住宅の密集地、旗竿敷地などは賃貸住宅経営による土地活用自体が難しくなってきます。

しかし「重層長屋形式」を採用すれば、クセのある土地でも、アパート経営の可能性を捨てずに済むのです。

共用部の維持管理が不要

共用スペースの多い共同住宅の場合、その清掃や設備不良などへの対応には、意外に多くの手間がかかっています。

しかし重層長屋形式を採用すれば、これらの業務が一切不要になるため、煩雑な管理業務を大幅に削減できます。

オーナーのみならず入居者にとってもメリットは多い

上記のように、重層長屋は共用部がないため、余分な建築費がかからず、工期が早まるというメリットもあります。

また敷地の大部分を住宅部分に充てられるため、居室全体が広くなるという、入居者に嬉しいメリットも。さらに自身の生活が、他の居住者の目に触れる機会も減少するため、プライバシーを確保しやすくなります。

こうした「暮らしやすさ」は、入居希望者を多く集める要因ともなってくれるでしょう。

長屋建築は精通した業者に相談を

このように、様々なメリットがある重層長屋ですが、当然それは建てる施工会社の技術力にも左右されます。

マンションやアパートなど、いわゆる「共同住宅」とは異なる点が多々あるため、いざ検討する際には、長屋建築のプロに相談すべきです。

中でも都内を中心に、長屋建築に長けた会社を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

重層長屋建築可能かつ狭小・変形敷地の実績がある会社

ハステック

引用元:ハステック公式サイト

ハステック

特徴

  • 土地に合わせた自由設計を予算内で提案
  • 難易度の高い土地で数百の実績
  • 狭小・変形地において平均利回り10%台
  • 土地相談から税金の相談まで対応

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

重層長屋で土地活用
【土地活用】重層長屋のデメリット
【土地活用】重層長屋建築の費用相場