開く
閉じる

【土地活用比較】アパートvsコインランドリー経営

機械を導入してしまえば、あとは何もしなくてもOKで楽ちんな「コインランドリー経営」。アパート経営や駐車場経営など土地活用の方法は多種多様ですが、それらと比べた時のコインランドリー経営のメリット・デメリットを解説します。

右肩上がりに成長しているコインランドリー事業

コインランドリー経営とは、名前の通り自分の土地にコインランドリーを設置する土地活用の方法です。地域の生活に上手くなじみ、利用者を獲得できれば常に現金収入を得られます。

ただ、「一家に一台乾燥機が付いている時代に、コインランドリーをはじめても廃れていくのでは?」と考えられますが、実は需要が徐々に増えている傾向にあります。調査によると、外国人観光客の増加や、共働きでなかなか平日に洗濯する時間を持てない家庭の需要が増えているようです。

以前のコインランドリー利用者は、一人暮らしの学生やサラリーマンが中心でしたが、その客層は賃貸マンションやアパートに添え付けられたラコインランドリーを使用するようになり減少。代わりに、インバウンドの増加や女性の社会進出によって、客層が変化しつつある状況と言えます。一人暮らしの客層の時よりも、家族単位での利用が増えたため、使用する単価が高くなり、コインランドリーの需要が増えていると考えられるでしょう。

コインランドリー経営のメリット

コインランドリー経営のメリットは「ランニングコストが安い」「手間がかからない」という点があります。

ランニングコストが安い

コインランドリーを運営する上でかかるランニングコストは、電気料金と水道料金くらいです。基本的に人を雇う必要がなく、何か商品を仕入れたりすることもなく、使われるのは電気と水道代のみ、故障した際は修理料金が必要ですが、通常のランニングコストはかなり抑えられる土地活用方法です。

手間がかからない

機械を設置さえしてしまえば、こちらが手を動かすことはほとんどありません。盗難などの事件が起こっても、セキュリティー会社と契約しておけば、そちらへお任せできます。片手間でできるので、本業を持っている方でも始めやすい土地活用と言えるでしょう。

コインランドリー経営のデメリット

コインランドリー経営のデメリットは「初期投資が高い」「競合が出店した時のリスクが高い」という点があります。

初期投資が高い

コインランドリーとしての建物の設営費用、導入する業務用の機械の費用と、初期投資が高いのがデメリットです。一般的に2,000万円程度はかかると考えておきましょう。

競合が出店した時のリスクが高い

コインランドリー経営は、地域住民の生活や地域の状況から大きく影響を受けます。近くに似たようなコインランドリー店が出来れば、利用者が減ってしまうでしょう。その分、収益も減るため地域状況に左右されやすい点もデメリットと言えます。

アパート経営とコインランドリー経営どちらが儲かる?

土地活用として主流なのは、アパートやマンションを建てて家賃収入を得るという賃貸経営です。初期投資はかかりますが、賃貸需要のある土地であれば、十分な利回りを見込めるでしょう。コインランドリー経営も同じく初期投資がかかりますが、賃貸経営ほどではありません。ランニングコストも安く抑えられます。競合の出店によって大きく影響が出るので、地域状況の見極めが重要と言えます。

  • コインランドリー経営…初期投資はかかるが、ランニングコストを安く抑えられる。
  • アパート経営…初期投資はかかるが、定期的に十分な収入を得られる。

当サイトでおすすめしているのはアパート経営です。広い土地でなくても賃貸住宅は今の技術であれば自由に建てられます。東京に土地を持っている人であれば、常に賃貸需要は高まっているので、安定した不労所得を得られるでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較