開く
閉じる
 

佐賀県

このページでは、佐賀県でアパート経営をお考えの方に向けて、県の不動産事情、エリアの特徴など、気になる部分を紹介しています。アパート経営を検討する際の、参考材料にしてみてください。

佐賀県の概要

佐賀県は九州の北西部に位置する県で、人口はおよそ83万人。福岡県へのアクセスの良さから、福岡で働く人たちのベッドタウンとして人気があります。また、自然が豊富で温泉も多く、住居を構える場所としては、メリットの多い地域となっています。

駅の近くは要チェック!

佐賀県の主要な自治体は、県庁所在地の佐賀市、そしてJリーグ「サガン鳥栖」の本拠地である鳥栖市などになります。

主要駅である佐賀駅から博多駅までは、特急で約40分。鳥栖駅は、福岡へのアクセスも良好な上、鳥栖駅に関しては熊本・鹿児島方面とつながる鹿児島本線や、佐賀・長崎・佐世保方面へ向かう長崎本線への分岐点となっており、九州の交通の要所と呼べる駅になっています。

これらの駅に近い場所は人気も高いので、そうした場所にアパートを用意できれば、人々のニーズに非常に応えるものになると言えるでしょう。

温泉地も注目?

佐賀県には「嬉野温泉」「武雄温泉」「古湯温泉」といった、全国的に名前が知られている温泉がたくさんあるのも特徴の一つと言えます。

これらの温泉は県外からの利用者も多いのですが、地元住民にも非常によく利用されています。これらの温泉地を利用する人向けの別荘的な物件、あるいは温泉地で働く人向けの物件というのも、ニーズがあるかもしれません。

現地の事情をチェックして検討材料にしてみるのも、一つの手なのではないでしょうか。

地価の安さは魅力

佐賀県の基準地価は全国的にも非常に低く、47都道府県の中で42番目となっています。もちろん場所にもよるのですが、比較的不動産は取得しやすいエリアだと言えるでしょう。

比較的アパート経営は始めやすいと言えますが、それも入居者を確保できるかどうかが大事。地価と利便性のバランスを見て、適した場所を選んでいきたいところです。

佐賀県の「変形地」事情

九州北西部に位置する佐賀県は、県南の大半占める佐賀平野と白石平野の存在、また隣県の長崎が坂の街ということもあり、そのギャップから低地や平地が多いイメージですが、実際の佐賀県は、低地、台地、丘陵地、山地まで、様々な形状の土地が広がっており、それに伴い不整形地も、高低差のある土地、狭小地、旗竿地、三角地など、様々な種類の変形地が散見されます。

では、佐賀県で変形地を売却する方法について考えてみましょう。

「変形地」の売却方法

変形地を売るのは大変ですが、工夫をすれば買い手を見つけることもできます。その方法とコツを紹介します

変形地が得意な不動産会社に査定を依頼する

変形地を売却する場合、個人的に買い取ってくれる知人や友人がいればそれがベストですが、個人的な買い手が見つからないときは、変形地が得意な不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。そもそも、変形地といってもデメリットばかりではなく、安く土地を購入できる、維持費を安くできるなどのメリットもあるでしょう。メリットを活かして家を建てたり事業所を建てるなど、変形地を活用したいと思っている需要者への取引ルートを持っている不動産会社があるので、そうしたところに査定を依頼すれば、売却できる可能性があるはずです。

一括見積サイトを活用する

不動産会社への査定依頼は、一社ずつ行うより、一度に複数の会社に出すほうが効果的です。なぜなら、一つの物件を複数の会社が査定することにより、競争原理が働いて価格が上がる可能性があるからです。

一括見積サイトの利用によって行うことができます。一括見積サイトとは、たった一回の申し込みで、複数の不動産会社にまとめて査定依頼ができるサービスのことです。変形地の売却価格を少しでも高くしたい場合は、このサービスを利用することをおすすめします。

隣の土地の所有者にアプローチする

変形地の売却方法には、隣人にアプローチするという方法もあります。これは意外に思うかもしれませんが、変形地であっても隣人が買取りを希望しているケースは少なくありません。

例えば、変形地のある方角が隣人から見て南側だった場合、隣人にとっては変形地を買い取ることで家全体の採光を良くすることができ、土地を買い取って住環境を良くしたいとの動機が生まれることになります。

このように、隣人の中には変形地であっても買い取りを希望しているケースが少なくないので、ダメもとで打診してみる価値はあるでしょう。

「変形地」の活用方法

変形地は売却するのではなく、活用する方法もあります。具体的にどんなことができるのか、方法を例示してみます。

駐車場や駐輪場を経営する

変形地に限らず土地活用の代表的な方法として、駐車場・駐輪場の経営が挙げられます。駐車場・駐輪場の経営を経営するメリットは、賃貸アパートのように建物を建てる必要がなく、比較的少ない初期費用で運用が開始できることです。

また、住宅密集地や駅近など駐車場需要の多い場所であれば、例え変形地であっても利用者を呼び込むことができ、安定した収入を得ることができます。

固定資産税の減税対象にならないなどのデメリットもありますが、需要さえ見込めれば経営は安定するので、検討してみてもいいでしょう。

賃貸アパートを経営する

狭小地の売却で買い手がつかずに困っている場合は、思い切ってアパート経営を始めてみるのも一つの手でしょう。狭小地でアパート経営と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、最近は「狭小アパート」や「狭小住宅」などの呼称で、狭小地におけるアパート経営や利用に人気が出始めています。

その理由は、経営者にとっても入居者にとっても様々なメリットがあるからです。例えば、土地が狭いと「登記費用」や「申請費用」などの諸費用を安く抑えることができますし、「固定資産税」や「都市計画税」などの税金面でも、狭小地は安く抑えられる可能性があります。そして維持費が安ければ賃料を安くできるので、入居者が見つかりやすくなり、空室率を下げることもできるでしょう。

狭小アパートの経営は最近注目を集めている土地活用方法の一つでもあるので、ぜひとも検討しておきたいところです。

佐賀県でアパート経営を行なうには

佐賀県でアパート経営をはじめるのであれば、場所に関しては非常にこだわる必要がありそうです。福岡などへのアクセスはどうか、県内の大企業に通いやすいか、そして該当エリアにはどういった人たちが多いのか、など…。それらを見極めることで、物件に関してもどのようなものがいいのかなど、ビジョンが見えてくるのではないでしょうか。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

  • ローコスト高利回り
    メーカー
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • サポートが充実している
    メーカー
    MDI
    引用元:MDI公式サイト
    https://www.mdi.co.jp/
  • 管理実績が多い
    メーカー
    東建コーポレーション
    引用元:東建コーポレーション公式サイト
    https://www.token.co.jp/
    東建コーポレーション

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介(調査日時:2021年6月)

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

九州・沖縄でアパート経営をお考えの方へ
沖縄県
鹿児島県
長崎県
大分県
福岡県