開く
閉じる

神奈川県

このページでは、神奈川県で賃貸物件経営を検討している方に向けて、神奈川県内の賃貸物件事情などを紹介しています。

神奈川県の概要

神奈川県は、全国の都道府県で第2位となる913万人もの人口を擁している県です。横浜市、川崎市、相模原市という3つの政令指定都市があり、県内でも経済が活発であるだけでなく、東京都内へ働きに出る人も多く居住しています。

場所によって大きくニーズは異なる

神奈川県は横に広い県となっていますが、商圏として大きなエリアは横浜市、川崎市などに集中しています。すなわち、これらのエリアへのアクセスが良い場所が、不動産の人気があるエリアとなります。川崎市、横浜市の主要駅に電車1本で行けるようなところは、賃貸物件への入居希望者もある程度見込めるでしょう。一方で、神奈川県でも西部のエリアとなると横浜、川崎へのアクセスがあまりよくなく、借り手もつきにくいかもしれません。なお、相模原市は小田急線で新宿へのアクセスが容易なため、東京都内で働く人のニーズが高いエリアのようです。

人口減少の影響は、場所によっては少ない?

高齢化社会、出産率低下により、人口減少が叫ばれている日本において、今後は不動産の物件あまりも社会問題として上がってくることが予想されています。ただ、この影響が大きいのは山間部などで、都市部、特に経済が活発な首都圏などではその影響は比較的少ないと言われています。神奈川県に関しても、西部の地域であれば人口減少が影響してくるかもしれませんが、少なくとも横浜市や川崎市の近辺であれば、そうした心配をする必要は、しばらくはなさそうです。

物件を持つなら、アクセスのいい場所がおすすめ

神奈川県内で物件を持つなら、二つの意味で「アクセスのいい」場所を選ぶといいでしょう。一つは、主要駅へのアクセス。横浜駅や川崎駅、あるいは東京都内の新宿駅、品川駅、東京駅といった駅に電車一本で行けるような駅は、ニーズが高くなってきます。また、駅自体へのアクセスも大事。たとえ駅の利便性が高くても、駅まで時間がかかるような場所にある物件では、借り手がつきにくくなっても仕方がない、と言えます。両方の意味でアクセスのいい物件を運営できれば、安定した経営を続けていけそうです。

神奈川県でアパート経営を行うには

神奈川県は県内に大きな商圏があるだけでなく、東京都のベッドタウンとしての側面も持っているため、不動産のニーズについてはしばらく続きそうな傾向が見られます。不動産経営をするのに適している地域と言えますが、だからといって軽率に参入するのではなく、利回りや立地調査など、しっかりと下調べを行った上で着手するようにしましょう。その際は、信頼できる業者の力を借り、二人三脚で進めていくのが確実だと言えそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較