開く
閉じる

石川県

このページでは、石川県でアパート経営を検討中の方に向けて、検討材料として必要になるであろう県内の事情、人口やエリアの特徴などを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

石川県の概要

石川県は北陸地方に属する県で、縦横に長く、日本の中でも降水量が多い地域として知られています。働く人たちの内訳を見ると、約65%がサービス業などの第三次産業、約30%が製造業などの第二次産業に従事しています。

産業に従事する人たちに合わせた物件が狙い目?

アパート経営に関しては、そこに住む人たちのことをイメージするのが基本となります。その際にベースとなるのが、上記で挙げた就労人口の分布。

たとえば、製造業の工場などの近くであれば、そうした仕事をする人たちが通いやすく暮らしやすい物件を用意するのがいいでしょう。また、石川県には観光地も多くあり、観光産業に従事している人たちもたくさんいます。そうした人たちが住めるような物件というのも、一定のニーズが見込めそうです。

県内最大の都市である金沢市がベースに?

石川県で最大の都市となるのが、県庁所在地である金沢市。物件数は、県内でも群を抜いて多くなっています。一方で、空室率が25%に近いという点も見逃せません。

なぜ空室率が高くなっているのか、エリアごとの差はどうなのかなど、より細かく数字を見ていくと、アパート経営を成功させるためにヒントが見えてくるかもしれません。

相場に合わせた物件経営を

石川県の地価を見ていくと、金沢市は他のエリアの倍近い設定となっており、当然ながら県内で最も地価が高くなっています。そうした場所でアパート経営を考えるのであれば、適切な価格設定は非常に大事となるでしょう。利益を出すことを考えた上で、初期投資とのバランスを踏まえつつ、人が入居してくれるような設定を見極めていくことが、長期にわたってアパート経営をしていく上でのカギとなりそうです。

石川県でアパート経営を行なうには

石川県でアパート経営をする際には、場所選びが非常に重要になりそうです。もちろん、主要駅や大工場の近くであればニーズはありそうですが、その分多くの経営資金が必要となり、競合も多くなるでしょう。そうした場所で勝負をしていくのもいいですが、まだあまり物件が多くなく、それでいてニーズがありそうなエリアを見極めていくというのも有効な手段だと言えそうです。

こうした土地・物件を探すのに、地場の業者の力を借りるのはマストと言えそう。特に建築会社であれば、その土地ごとの事情を熟知しており、建物はもちろん、場所選びに関しても有効なアドバイスをもらえそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地狭小地で数百の実績
    高利回りを実現するなら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプランで
    地方の土地を得意とする
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ大手
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較