開く
閉じる

滋賀県

このページでは、滋賀県の特徴やエリア情報、賃貸経営事情、アパート経営を始めるときの注意点などについて解説しています。

滋賀県の概要

滋賀県は、近畿地方に属すると同時に日本のほぼ真ん中に位置する地方公共団体です。

人口は2018年度の国税調査で推計総数1,412,881人。主要都市は大津市(約34万)、彦根市(約11万)、長浜市(約12万)、草津市(約14万)、東近江市(11万)です。

滋賀県の特徴は、いわゆる理想郷的であり、程よい人口分布や安定した地価、稲作を中心とする農業、製造業の活況、充実した交通インフラなど、琵琶湖、河川、山林などの自然環境に至るまで、バランスよく棲み分けがなされていることです。

人口減少社会にあって、滋賀県では近年に入って人口が増加してきており、これまで以上に住みやすい街として認知されつつあります。

都市部のベッドタウンとしての存在感が光る

近畿地方の中にあって滋賀県は、大阪、京都、兵庫に比べ都市機能としての役割は果たしていませんが、その反面、大阪、京都を中心に都市部のベッドタウン的な存在として生活者の人気が高く、人口が増加傾向にあると同時に住宅需要も堅調です。

従って、地方都市としてのイメージ以上に、あるいは人口総数140万人という数字以上に、土地活用やアパート投資の機会は多いと見ていいでしょう。

隣接の都市部も取り込める大津市の魅力

滋賀県の中で最も賃貸経営を始めやすいエリアの筆頭は、やはり大津市でしょう。大津市は県庁所在地であり、行政、商業の中心地として人口が最も多いという利点を有するだけでなく、大阪と京都に接して鉄道路線でのアクセスがしやすいことも魅力です。

大津駅から新大阪駅までは40分、京都駅までは約10分、いずれも乗り換えなしで行き来することができます。

大津市以外にも有望エリアが多い滋賀県

生活の利便性や交通事情から滋賀県全体を見て行くと、アパート経営に有望なエリアは県内に多く点在していることが分かります。

例えば、琵琶湖の東側にある草津市は、駅周辺に店が多く立ち並ぶ一方で閑静な住宅が広がりファミリー層に人気が高いですし、東海道新幹線「米原駅」を抱える米原市は、関西方面のみならず東京や名古屋へのアクセスもしやすいなど交通の利便性が光ります。

さらには、京都駅まで30分程度、神戸駅まで1時間半で到着できる近江八幡市などの「JR琵琶湖線」周辺、鉄道(琵琶湖線)と道路(琵琶湖大橋有料道路)の両方でアクセス性を高めている守山市など、滋賀県にはアパート経営を始めやすい格好のエリアや穴場が広がっています。

滋賀県でアパート経営を行なうには

滋賀県でアパート経営を行うときは、エリアの特徴や物件情報だけでなく、建築に関わる条例や規制にも注意を向けましょう。

例えば、滋賀県では指定区域における建築に関する制限として「滋賀県建築基準条例」が制定されていますし、自治体によっては、景観形成と住環境の充実を目的とした建築物に関する制限を設けているところもあります。こうした条例や規制については、投資を始める前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

また建築会社や管理会社を選定する際は、ハウスメーカーであれ地元の工務店であれ、前出の規制に関する最新の情報を提供することができ、なおかつ地元エリアの特徴や利回りのことなど、アパート経営に関して幅広い分野に渡って提案やアドバイスができる業者を選ぶようにしましょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地の対応も得意!
    企画力なら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較