開く
閉じる
アパート経営で土地活用/東京で選ぶべき会社を比較 » 中部地方でアパート経営をお考えの方へ

中部地方でアパート経営をお考えの方へ

都道府県別に見るアパート経営事情【中部地方編】

このページでは、中部地方でアパート経営を考えている方に向けて、県ごとの特徴や人口分布、不動産事情などを簡単にまとめています。どの地域にどんな特徴があるのかをチェックしておくことで、自身の思い描くアパート経営とマッチするエリアを選びやすくなることでしょう。事前の調査に、ぜひご活用いただければと重います。

新潟県

北陸地方にある新潟県は、米どころ、そしてスキーなどのレジャーで有名な地域です。アパート経営を考えるのであれば、人口およそ80万人、県内の3割以上の人口を抱える新潟市が検討のベースになるでしょう。新潟市は県内でもあまり雪が降らないエリアなので、経営もしやすそうです。エリアによって物件が多いけれども空室率も高いエリア、物件は少ないけど空室率が低いエリアなどさまざまにあるので、現地の状況を踏まえ、土地や物件を選ぶようにしてください。

新潟県の
不動産事情をチェック

富山県

富山県は自然が豊かな反面、可住地面積が少なく、人口のおよそ4割は富山市に集中しています。そのため、アパートなどの賃貸物件数も富山市が県内で抜けて多くなっています。また、富山県は夏はフェーン現象などの影響で気温が上がりやすく、一方で冬場は雨や雪が多くなる地域です。富山県でアパート経営をするなら、夏の暑さ、冬の寒さや大雪に強い物件を用意する必要がありそうなので、そのための投資もある程度求められそうです。

富山県の
不動産事情をチェック

石川県

石川県は約65パーセントがサービス業などの第三次産業、約30パーセントが製造業などの第二次産業に従事している県です。アパートを経営するのであれば、そうした人たちに合わせた物件を用意する必要がありそうです。また、石川県には観光地もたくさんあり、観光産業に従事している人たちも多いので、そうした方々にとってニーズの高い物件を用意することが、石川県内でのアパート経営を成功させるためのカギを握ると言ってもいいかもしれません。

石川県の
不動産事情をチェック

福井県

福井県で最も大きな市は県庁所在地の福井市なのですが、空室率は35パーセント以上と、非常に高い数字となっています。福井県内、特に福井市でアパート経営をするのであれば、そのあたりの分析から行っていく必要がありそうです。また、雨がよく降る地域でもあるので、雨による湿気、近隣の施設へのアクセスなども考えていかなくてはいけないかもしれません。そうしたことを考慮してくれる建築会社のサポートは必須と言えそうです。

福井県の
不動産事情をチェック

山梨県

中部地方でありながら、「関東甲信越地方」として、関東圏にくくられることもある山梨県。可住地面積は全国45位と非常に低い数字になっており、必然的にアパート経営を行える場所も限られてきます。その有力な候補となるのが、県庁所在地である甲府市。当然競争率は高くなってくるので、夏は暑く冬は寒い、そして台風の被害も多いという状況も踏まえながら、住んでいる人たちにとって魅力的な物件を用意していく必要があると言えるでしょう。

山梨県の
不動産事情をチェック

長野県

中部地方に属する長野県には、県庁所在地の長野市、そして松本市と、二つの大きな市があります。アパート経営をするのであれば、まずはこのどちらを選ぶかがスタートになるでしょう。また、長野県は夏は暑いものの夜は涼しく、反面冬には厳しい寒さに見舞われるという気象条件があるので、物件を新築するのであれば、そうした気温の変化にしっかりと対応していけるような建物を建てるのがポイントになりそうです。地元の建築業者と協力して、しっかりと進めていきたいところですね。

長野県の
不動産事情をチェック

岐阜県

岐阜県は県内で働く人だけでなく、名古屋に通勤する人たちのベッドタウンとしても大きな役割を果たしているエリアです。そうなれば必然的に名古屋への通勤アクセスが重要視されてきますので、岐阜県内でアパート経営をする際には、駅へのアクセスなどの利便性を考える必要があると言えるでしょう。物件の場所というのは非常に大きなポイントになるので、地元のことをよく知る地場の建築業者などに協力してもらい、場所選びからしっかりと行っていくことが、アパート経営を成功に導くための大きなカギとなってきそうです。

岐阜県の
不動産事情をチェック

静岡県

静岡県は、東西に約155km、南北に約118kmという、広大な県域を持つ県です。

そのため、県の東部・中部・西部で特徴も変わってきており、物件に求められる条件も違ってきます。

特に中部にある静岡市や近隣のエリアや西部の浜松市は人口が多く、物件のニーズも一定数あるでしょう。静岡市界隈では地元で働く人が多い反面、西部の浜松市などでは地元の大企業、大工場で働く人と共に、名古屋へ通勤しているという人も多くいます。そうした点を踏まえた上で、どんな物件が求められているのかをしっかりと分析し、物件選び、エリア選びを行っていくべきでしょう。そうしたときこそ、地場で活躍する建築業者の存在が心強いものとなると言えそうです。

静岡県の
不動産事情をチェック

愛知県

東京圏と関西圏を結ぶ要地にあり人口約230万人の巨大都市、名古屋と世界最大級の自動車メーカーの本拠地、豊田市をもつ愛知県は人口も経済も安定して確実な家賃収入が期待できる場所です。名古屋市内においては単身者や新婚夫婦などをターゲットにしたデザイン性あるマンションが、みよし市、、日進市、長久手市などのドーナツ地帯では公園や大学などの生活環境が充実しているのでファミリー向けのアパート経営が高収益に結びついています。

愛知県の
不動産事情をチェック

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地の対応も得意!
    企画力なら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較