開く
閉じる

奈良県

このページでは、奈良県の特徴やエリア情報、賃貸経営事情、アパート経営を始める際のポイントなどについて紹介しています。

奈良県の概要

奈良県は、近畿地方中南部に位置する人口総数約140万人の県です。

旧石器時代から続く長い歴史を持つ古都であり、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代を経て、奈良時代には平城京遷都が行われ、奈良はかつてない隆盛を極めました。

そのため奈良には天皇陵をはじめとして歴史的遺産や建造物、文化財は国内トップレベルの規模で残っており、そうした歴史遺産を活用した観光産業が盛んで地域経済を支えています。他にもイチゴ、スイカ、柿など果物の栽培や大和茶の生産、山間部では林業も行われています。

主要都市は県庁所在地の奈良市(約37万)を皮切りに、大和郡山市(約9万)、大和高田市(約6万)、天理市(約7万)、橿原市(約12万)、生駒市(約12万)などです。

大阪・京都のベッドタウンとしての地の利

賃貸経営の目線で奈良県を見た時、最大のメリットと思えるのは、奈良県が大都市の大阪・京都に隣接していることです。こうした地の利は交通アクセスの良さと相まって、この地域を京阪エリアのベットタウンにならしめ、住宅投資やアパート経営の機会を生み出す源泉となっています。

とりわけ主要駅の「大和西大寺駅」はアクセス性が抜群で、京都駅まで約30分、大阪駅まで約1時間で到着することができます。

入居者ターゲットによって候補地が変わる

奈良県で賃貸経営を始める場合、物件が単身向けかファミリー向けかによって、投資に適する対象地域が変わります。

具体的には、単身者向けの場合は、大阪と京都へ乗り換えなしでスピーディーにアクセスできる奈良市(奈良駅・大和西大寺駅エリア)ですが、一転してファミリー向けなら、忙しさのない落ち着いた街並みと、自然豊かな環境が子育てしやすい、奈良県中部の橿原市(人口約12万)が適しているでしょう。

奈良市と橿原市だけじゃない有力候補地

奈良県の賃貸物件の半数以上は奈良市と橿原市に集中していますが、それ以外でも投資先としてポテンシャルの高い地域はあります。

例えば、県の北西部にあって第二阪奈有料道路や鉄道を利用して大阪まで30分~40分で到着できる生駒市や、県中央部に位置しJR王寺駅から大阪駅まで約45分でアクセスできる北葛城郡王寺町、西名阪高速道路やJR西日本、近鉄郡山駅などを利用して大阪と京都へ45分~1時間程度で到着できる大和郡山市などは、主要都市に隠れた穴場といえましょう。

奈良県でアパート経営を行なうには

奈良県でアパート経営を始めるときは、収益性の高い物件の選定や候補地の調査、エリア情報を収集するだけに留まらず、各自治体の建築制限や条例などもチェックしておきましょう。

特に奈良県は歴史的建築物や遺産が多く、県全体で景観保護を推進している面もあるので、建築関連の規制は要チェックです。

それ以外にも、建設会社や管理会社の選び方、利回り計算、資金計画、運用計画の策定、リスク回避の準備などが必須であることは言うまでもありません。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較