開く
閉じる
 

【土地活用比較】アパートvs土地信託

土地活用の方法のひとつである、土地信託。アパート経営や駐車場経営など土地活用の方法は多種多様ですが、それらと比べた時の土地信託のメリット・デメリットを解説します。

面倒ごとをすべておまかせできる土地信託

信託とは、文字通り「信じて託す」という意味。土地信託は土地がついているため、土地を信じて託すという土地活用の方法です。

銀行や信託会社などへ土地そのものを託し、運営してもらい、その運営によって得た利益の一部を得られます。預ける会社には、信託業務を取り扱っている信託銀行と、土地信託を専門的に行っている信託専門会社に分かれます。信託業務を専門的に行っているところの方が知識や経験が豊富で利益をうまく上げられそうですが、社会的な信頼性の高さで大手銀行グループが多く選ばれているようです。

土地信託のメリット

土地信託として貸し出すメリットは「負担が軽い」「土地活用の専門家に託せる」という点があります。

負担が軽い

なんといっても土地所有者の負担が軽いのは大きな魅力と言えるでしょう。自分で土地を活用するには資金を用意したり事業計画を用意したりと、負担が大きいです。土地信託なら信託会社と契約を結べば、後はすべて信託会社におまかせできるので、楽に土地を活用できます。

土地活用の専門家に託せる

信託会社はこれまでに多くの土地を使って運営のノウハウを積んでいるので、うまく運用できる可能性が高いです。自分で土地活用するとなると、知識や業界の常識などが足らず失敗する可能性もあるため、自分での運用に自信がない人は、信託会社向きと言えるでしょう。

土地信託のデメリット

土地信託として貸し出すデメリットは「成功するかは信託会社次第」「収益性が低い」という点があります。

成功するかは信託会社次第

運用が成功するか失敗するかは信託会社次第です。もしうまく運用できなかった場合、もちろん土地所有者がもらえる利益もありません。それどころか、追加資金についての相談を受けることもあります。

自分で運営して状況が分かっていれば収益がないことにも納得できますが、信頼して土地を託したにもかかわらず利益を上げられないのは、納得できずトラブルになる可能性があります。

収益性が低い

信託した土地で利益が出たとしても、その利益は信託会社と分け合う必要があります。自分で運用していれば利益はまるまるもらえたはずなので、その少なさにがっかりするかもしれません。

アパート経営と土地信託どちらが儲かる?

土地活用として主流なのは、アパートやマンションを建てて家賃収入を得るという賃貸経営です。土地信託は土地活用法のなかでも特殊な方法といえるでしょう。

  • 土地信託…得られる収益は少ないが、土地所有者の負担は少ない。
  • アパート経営…事業計画や初期投資はかかるが、定期的に十分な収入を得られる。

当サイトでおすすめしているのはアパート経営です。特に東京に土地を持っている人であれば、常に賃貸需要は高まっているので、安定した不労所得を得られるでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営とその他土地活用方法を比較
【土地活用比較】アパートvs売却
【土地活用比較】アパートvsクリニック・病院運営
【土地活用比較】アパートvsコインランドリー経営
【土地活用比較】アパートvsコワーキングスペース
【土地活用比較】アパートvsトランクルーム