開く
閉じる

京都府

このページでは、京都府でアパートを経営を行う場合に覚えてほしいポイントや注意点について詳しく解説しています。

京都府の概要

京都府は、江戸幕府が出来るまで長らく政治・経済において日本の中心だった場所で、現在でも多くの文化や伝統、重要文化財などを抱える、日本で最も古い都市の一つとして知られています。

令和元年12月1日現在で、京都府の総人口は258万2964人、世帯数は118万8607、市区町村別の人口は、11の区を抱える京都市が最も多く1,466,382人、京都市以外では宇治市の180,849人が最も多く、他に亀岡市86,942人、長岡京市の80,513人、舞鶴市の80,051人と続きます。

京都府の総人口(258万2964人)の約56%以上が京都市に集中しており、その人口事情に比例して、経済やビジネスの中心も京都市に集中しているのが特徴です。

京都市以外の中規模都市でも土地活用のチャンスがある

京都府の中で最も住宅需要が多いのは、総人口の56%が集中する京都市ですが、京都府の場合、京都市以外にも人口5万~8万人程度の中規模都市が多く点在しており、そうした地域においても土地活用と投資のチャンスがあります。

具体的には、亀岡市(86,942人)、長岡京市(80,513人)、舞鶴市(80,051人)、大津川市(77,037人)、城陽市(74,731人)、京田辺市(73,729人)などです。なお宇治市の人口は180,849人であり、これだけ見ても、京都府での土地活用やアパート投資のチャンスは、京都市以外の地方にも広がっていることが分かります。

生活者に人気の鉄道路線がある

高齢者はともかく、京都府の学生や現役世代のサラリーマンは鉄道路線を利用して府内を移動していますので、各路線や駅を中心に見ていくと、どこのエリアで賃貸需要が多いかが分かります。

例えば、ノンストップで京都・大阪・神戸に行ける「JR東海道・山陽本線」、沿線に住宅街が広がり、ファミリー層や学生に人気の高い「京阪本線」、京都と奈良を結び関西文化学術研究都市の足として知られる「近鉄京都線」などは生活者が多く集まるエリアであり、賃貸需要とアパート投資の機会が多いといえるでしょう。

契約更新の際に必要な「更新料」が残っているエリアも

現在は減少傾向にあるとはいえ、京都の賃貸経営には古くから「更新料」と呼ばれる商習慣があります。更新料とは、家賃の1ヵ月分を目安に、契約更新の際に借主が貸主に対して支払う手数料のことです。

他地域の商習慣に合わせる形で現在は衰退しつつある商習慣ですが、初めて京都府でアパート経営を行う際は、このような商習慣が残っているエリアが存在することを知っておくといいでしょう。

京都府でアパート経営を行なうには

京都府でアパート経営を行う際は、京都ならではの次の特徴に留意してください。

それは、先進的な開発より景観を大切にすることを重んじている古都・京都では、高さ規制など数多くの建築制限や景観規制が厳しく敷かれているということです。

京都では賃貸需要の多い場所でも大規模なアパート開発は難しいのが現状ですが、一方で学問が盛んな京都には学校や教育機関が多く、学生など単身世帯向けの賃貸需要が多いのも事実です。こうした事情を考え合わせると、いかに規制や条例の壁を乗り越えつつ、クオリティーの高いワンルームマンションを開発、経営していけるかがポイントになります。

その際には建築会社選びも重要になっていきますが、建築会社にはハウスメーカー、工務店、建設会社とあり、それぞれ特徴が異なるため慎重に選ぶ必要があります。長期的なアパート経営を視野に入れるなら、会社の知名度が高く集客効果の高いハウスメーカーや建設会社を選んだほうがいいでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較