開く
閉じる

【土地活用比較】アパートvs駐車場

このページでは、土地活用におけるアパート経営と駐車場経営を比較しています。一体どのような違いがあるのでしょうか?

短期的な土地活用には駐車場経営、長期的な土地活用にはアパート経営がおすすめ!

車

遊休地を所有していると、固定資産税などの税金が課税されるため、放置しておくとどんどん出費だけが嵩んでいくことになります。そこで土地活用、というわけですが、いくつかの選択肢があるため「どれにすれば良いだろう?」と迷う人もいるのではないでしょうか。

本サイトではアパート経営による土地活用を推薦し、関連情報をまとめていますが、この方法は初期費用が嵩むため、ゆっくりと時間をかけながら減価償却し、収支をプラスにしていくことを目指します。このため「最初に借金が必要なのは、抵抗がある…」と感じる人も多いようです。

では初期費用を低く抑えられる方法には、どのようなものがあるのでしょうか?その筆頭に挙がるのが駐車場経営です。「少ない出費ですぐに土地活用を始めたい」という人には、大推薦の方法と言っても、過言ではありません。

駐車場経営のメリット

では駐車場経営のメリットについて、もう少し具体的に説明しましょう。

経営管理が楽

まず種類は月極めと時間貸し(コインパーキング)の2種類に大別されます。月極めなら契約者とやり取りをするだけなので、オーナー自身での管理も可能。 時間貸しタイプは専門のサービス会社と契約することになりますが、必要な設備はほとんど揃えてもらえますし、日々の業務も代行してもらえます。また契約の縛りも長くはなく、数年程度です。

土地活用を始めるまでの時間が短い

駐車場は、基本的に更地です。自動車が駐車しやすいよう地面を整備し、区画を設ける必要はありますが、工数のかかる建築は、基本的に不要です。

「とりあえず少しでも利益を」という人におすすめなのが、おわかりいただけたでしょうか。こうした事情の中には「被相続人の余命が短く、大規模な事業を計画していると、相続税対策に間に合わない」というケースも含まれます。

ただの私有地と事業地では課税額に大きな差が出ますから「取り急ぎ駐車場経営を始める」という人も少なくないのです。

駐車場経営のデメリット

急場しのぎの土地活用として、駐車場経営がおすすめなのがおわかりいただけたかと思うのですが、長い目で見るとデメリットも数多くあります。

収益性はあまり高くない

まず、収益性は低め。場所によっては1台分のスペースで月額数千円~数万円程度の利益しか上がりません。これでは全体の売上も、微々たるものです。

必要経費の捻出が大変

また駐車場経営は初期費用やランニングコストを低く抑えることができる分、必要経費の捻出が難しくなります。

ただでさえ少ない収入から所得税が引かれてしまうため、旨味は非常に少ない土地の活用法なのです。

税金面でのメリットが無い

さらに固定資産税・都市計画税の評価額は更地と変わらないため、税制優遇の恩恵を受けることもできません。下手をすると収支がマイナスになってしまう可能性も…。

やはり駐車場経営は、短期的な土地活用にとどめておく方が良さそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較