開く
閉じる
 

【土地活用比較】アパートvsクリニック・病院運営

医療法人に土地を貸し出して、クリニックや病院を運営してもらう土地活用法があります。ここでは、土地活用の代表的な賃貸住宅経営と比べて、どのようなメリット・デメリットがあるのかを解説します。

地域に根付けば安定的な利益が見込めるクリニック・病院運営

クリニックや病院は、人が住んでいる土地であれば必要不可欠な施設。地域住民に利用され、愛されることで安定的な収益を得られる土地活用の方法です。

病院やクリニックを運営する方法としては、大きく3つあります。

  • 土地を貸し、医療機関や医師本人が建物を作る
  • 土地の所有者が建物を建てて、医療機関や医師へ貸し出す
  • ビルを建てて、複数のクリニックにテナントとして入ってもらう

土地の大きさや周辺環境によって、医院を開くかビルを建てるか選べる幅は決まってきますが、基本的には、上記の方法でクリニック運営ができるようになります。

クリニック・病院運営のメリット

クリニック・病院運営のメリットは「安定している」「地域の価値を向上させられる」という点があります。

安定している

クリニックは運営がうまくいけば、地域に根付いて安定した利益を得られます。

近年、最初から大きな病院を受診せずに、気軽に相談できるかかりつけ医を重視する傾向があります。より家に近い病院を選ぶようになるため、住宅地にある土地であれば、住民との結びつきも比較的つくりやすいでしょう。

飲食店や小売店などと比べると、安定した経営が望めます。

地域の価値を向上させられる

地域の価値を向上させられるのが魅力の一つです。住宅の近くに医療施設があると、その地域への住みやすさが向上し、転居先として選ばれやすくなります。

住宅が増えると、そのぶん薬局やコンビニなどの商業施設も増えてより住みやすい地域に変化していくようになります。

地域に貢献できるという点でも、クリニックや病院の運営は魅力的でしょう。

クリニック・病院運営のデメリット

クリニック・病院運営のデメリットは「転用がしにくい」「周辺住民からの意見に左右される」という点があります。

転用がしにくい

クリニックや病院は地域に根付くと安定的なぶん、転用しにくくなります。より土地にあった土地活用の方法に転換したくても、なかなか実現できなくなると考えておきましょう。

周辺住民からの意見に左右される

医療施設によっては、周辺住民から反感を買うこともあります。例えば急患を受け入れる病院にすると、救急車のサイレンが近所迷惑になり、クレームをもらうというケースも。最悪の場合、反対運動が起こる可能性もあるため、病院の方針はできるだけチェックしておくことがベストです。

アパート経営とクリニック・病院運営どちらが儲かる?

土地活用として主流なのは、アパートやマンションを建てて家賃収入を得るという賃貸経営です。クリニック・病院運営と比べた時のメリットを見てみましょう。

  • クリニック・病院運営…安定的に収益を得られるが、転用しにくく、病院の方針によっては住民に反対される可能性あり
  • アパート経営…初期投資はかかるが、定期的に十分な収入を得られる

当サイトでおすすめしているのはアパート経営です。広い土地でなくても賃貸住宅は今の技術であれば自由に建てられます。東京に土地を持っている人であれば、常に賃貸需要は高まっているので、安定した不労所得を得られるでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営とその他土地活用方法を比較
【土地活用比較】アパートvs民泊
【土地活用比較】アパートvsロードサイド経営
【土地活用比較】アパートVS物流施設
【土地活用比較】アパートVSガソリンスタンド
【土地活用比較】アパートVS墓地・霊園