開く
閉じる
 

【土地活用比較】アパートvsマンション

このページでは、土地活用におけるアパート経営とマンション経営を比較しています。一体どのような違いがあるのでしょうか?

投資目的の人にはマンション経営、長期的な土地活用を目指す人にはアパート経営がおすすめ!

マンション

居住者の立場で見ると「マンションはアパートよりも高級」というイメージがあります。しかし近年はアパートの設備もグレードアップの傾向にあり、両者の差異は曖昧になってきました。もちろん築年数の古い「ボロアパート」は全国に点在しているため、ネガティヴなイメージの払拭には、もう少し時間がかかるかもしれません。

法律的にも両者の差異を明確にする定義はないのですが、物件情報を取り扱う不動産会社は「鉄骨造、あるいは鉄筋コンクリート造がマンション。木造はマンションと呼ばない」という基準を設けているようです。

アパートは一棟経営が基本

オーナーの立場で見ると、アパート経営とマンション経営の間には、大きな違いがあります。マンションが一室から経営できるのに対し、アパートは一棟経営が基本なのです。

このためマンションオーナーの中には、20代のサラリーマンも数多く存在しています。投資目的でマンションを購入し、家賃で副収入を得ながら資産を増やしたい、という発想なのです。

個人レベルで私有地を有効活用したいと考える場合は、スペースを効率的に活用できるうえ、利回りも高いアパート経営を目指すべきだと思います。

マンション経営のメリット

ではマンション経営のメリットは、どこにあるのでしょうか。

不労所得が得られる

まず、家賃による不労収入が得られる、そしてインフレ対策になるという点が挙げられます。これはアパート経営でも同様に感じられるメリットです。

少ない初期費用で始められる

また先述の通り、マンションはワンルームから経営が始められます。このため、初期費用が少なくて済むというメリット有。

実質はともかく「0円から始めるマンション経営」という謳い文句で、営業を行う不動産会社もあるほどです。若年層のオーナー候補生が注目するのも、頷けますね。

区分販売を当初の目的とした物件は、あらかじめ良好な立地条件の土地に建設されていますから、空室リスクを低く抑えることもできるでしょう。

マンション経営のデメリット

マンション経営には、もちろんデメリットもあります。

空室リスク

例え立地条件が良くても、その他の理由で空室が続いてしまう可能性は、大いにあります。一室しか所有していないマンションオーナーにとっては、「収入ゼロ」に繋がる大問題!

居住者を見つけるために「家賃を下げる」などの妥協案を受け入れなくてはならないケースも、数多くなっています。

経年劣化への対策が難しい

またマンションの一室は、経年に連れ、どんどん資産価値が低下していきます。区分所有ではリフォームに限界があるため、転用性も低め。このため「利回りが悪くなったから、売ろう」と考えても、購入価格を大きく下回ることを覚悟しなくてなりません。

マンションオーナーは近年急増しましたが「リスクについてもっと知るべき」と警鐘を鳴らす声もあります。例え入居者が「アパートよりも高級」というイメージを抱いていたとしても、その経営は簡単ではないようですね。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営とその他土地活用方法を比較
【土地活用比較】アパートvsコインランドリー経営
【土地活用比較】アパートvsサ高住
【土地活用比較】アパートvs駐車場
【土地活用比較】アパートvs等価交換
【土地活用比較】アパートvsグループホーム