開く
閉じる
 

静岡県

このページでは、静岡県でアパート経営を考えている方に向けて、静岡県の特徴や人口分布、エリアごとの特性など、アパート経営を行う上で必要になり得る情報をまとめています。静岡県内でのアパート経営を検討する際の材料にしてみてください。

静岡県の概要

静岡県は東西に約155km、南北に約118kmという、広大な県域を持つ県となっています。それ故、県内でも東西で地域ごとの特色が大きく異なるので、どこでアパート経営を行うかによって、ポイントは大きく変わってきます。

東部、中部、西部ごとの違い

静岡県の東部は富士山に近く、富士宮市、御殿場市などは富士山観光が盛ん。また、熱海市などは温泉地として有名です。中部の中心となるのは、県庁所在地の静岡市。近隣の藤枝市、焼津市などと合わせ多くの人々が住んでいるエリアとなっています。西部にある浜松市は、県内で最も多くの人口を抱える自治体。自動車、バイク製造や楽器製造が盛んで、多くの有名企業がこの地で生まれたということでも知られています。もちろん、大きな工場がたくさんあるので、そうした工場に勤める人のことを考慮したアパート経営も求められるでしょう。

西部は名古屋のベッドタウンとしても機能

浜松市など静岡県西部のエリアは、愛知県内、とりわけ名古屋に通勤する人が多く、ベッドタウンとしても重要な機能を果たしています。そのことを踏まえた場合、駅近くの物件などは特に通勤する人にとってはニーズが高くなるでしょう。単身者向けの物件を持つのであれば、駅の近くというのは外せない条件となってきそうです。

県内の空室率は低め

静岡県内の物件数や空室率を見ていくと、物件数で言えば、最も物件数が多いのは浜松市中区ですが、静岡市3区もそれに近い物件数があり、全体で見ると静岡市に最も多くの物件があります。空室率は10パーセント台後半から20パーセント台前半と比較的低く、物件自体のニーズは高そう。特に浜松市は空室率が軒並み10パーセント台、浜北区に関しては物件数こそ少ないものの空室率は7パーセント台と非常に低く、ニーズが高い地域と言えるかもしれません。

静岡県でアパート経営を行なうには

静岡県で物件を経営するのであれば、そこで暮らす人々のことをしっかりとイメージする必要がありそうです。どこで働く人をターゲットにするのか、そうした人が求める物件はどんなものか…などなど。そうした物件づくりを進めていくのであれば、地元のことをよく知る建築業者に協力を仰ぎ、共同体制で進めていくことをおすすめします。地元のことを知り尽くした業者であれば、的確な情報を提供してくれることでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

中部地方でアパート経営をお考えの方へ
新潟県
愛知県
岐阜県
石川県
山梨県