開く
閉じる
 

三角形の土地活用・アパート経営

このページでは、三角地の土地の活用法について考えています。

三角地とは

「親族から譲り受けた土地がある」と知人に話せば、うらやましがられることは請け合いです。しかし当事者にとっては、そう簡単な問題ではありません。特に、土地の形状に特徴がある場合は、活用法にも頭を悩ませることとなります。三角地もそのひとつです。

三角地の定義
名称通り、三角形のかたちをした土地。建物を建てる際に有効活用できる面積に限りがある。

このような三角地を活用しようとした場合、どのような問題が生じてくるのでしょうか。以下に見ていきましょう。

三角地のデメリット

三角地を土地活用する場合に、以下のようなデメリットがあると考えられます。

  • 土地面積がそれほど広くない場合、設計デザインに大幅な制限が出る。居住施設を建設した場合、家具の配置などにも頭を悩ませることに。
  • 売却の際も、買い手が付きにくい。
  • 風水的に「良くない土地形状」と考えられるため、敬遠される可能性がある。

これらのデメリットを見ていると「こんな土地は、活用が難しいかも…、一体どうすれば」と頭を抱える人がいるかもしれません。しかし、以下のようなメリットについても、知識を深めておく必要があります。

三角地のメリット

三角地は活用する場合に、以下のようなメリットがあると考えられています。

  • 市場ではあまり高く評価されないため、固定資産税などの評価額も低く抑えられる。
  • 個性的なデザインの建物を建設することが可能。
  • 土地の形状によっては、接道距離が長い、隣家との距離が離れているなどのメリットも。

いかがでしょうか?「三角地だから」というだけで活用をあきらめてしまうのは、もったいないという気がしますね。

こんなにある!三角地の活用法

以下に三角地の活用法を紹介しますので、ぜひ内容をチェックして下さい。

駐車場やトランクルーム経営

三角地でも駐車場やトランクルームを経営できます。

駐車場は土地の表面を整備すれば、あとは建物を建設する必要がないため、初期費用を安く上げられるほか、設計デザインに頭を悩ませる必要もありません。

またコンテナ型のトランクルームは、土地の形状を活かしながらの設置が可能。需要のあるエリアなら、高い利回りも期待できるでしょう。

ただしこれらの方法で三角地を活用しようとする場合、収入の大小は総面積によって大きく変動します。プロによく相談したうえで、経営を検討するようにして下さい。

その他の方法

三角地は「隅切りされた結果、生じた土地」であるケースが多くなっています。接道面が多ければ、自動販売機やコインロッカー、そして広告看板の設置などに最適。付近を通過する人の目に留まりやすいからです。

初期費用が安くローリスクな方法ですので、すぐにでも始められるという利点があります。

変形敷地でアパート建築実績がある会社

ハステック

引用元:ハステック公式サイト

ハステック

特徴

  • 土地に合わせた自由設計を予算内で提案
  • 難易度の高い土地で数百の実績
  • 狭小・変形地において平均利回り10%台
  • 土地相談から税金の相談まで対応

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

変形地で始める土地活用・アパート経営
高低差がある土地を活用・アパート経営
狭小地の土地活用・アパート経営
細長い土地の活用・アパート経営
傾斜地の土地活用方法
旗竿地の土地活用方法