開く
閉じる
 

【土地活用比較】アパートvs太陽光発電

このページでは、土地活用におけるアパート経営と、太陽光発電を比較しています。このふたつの土地活用法の間には、どのような違いがあるのでしょうか?

田舎なら太陽光発電、賃貸需要がありそうならアパート経営がおすすめ!

「親族から譲り受けた土地があるけど、いまのところほったらかし…」、という人は、早急に活用法を検討するべきです。放置しておくと、固定資産税や都市計画税が課税されてしまうので、持ち出しが増える一方。「負の財産」になってしまいます。でも何らかの方法で活用すれば土地の価値も上がり、自身の子孫に遺せるようになりますよ。

活用法の筆頭に挙がるのは、アパートなど賃貸住宅の経営です。しかし数千万円の設備投資が必要となってくるため、参入に難色を示す人は多くなっています。

そこで、太陽光発電。「再生エネルギーの重要性」が広く浸透した近年は「遊休地に太陽光発電システムを設置する」という土地活用法が、一般的になりつつあります。

以下に「ソーラー経営」のメリット・デメリットを紹介しますので、アパート経営とどちらが良いか、比較するためにお役立てください。

太陽光発電のメリット

アパート経営に比べ「賃貸需要の低い田舎でも、始められる土地活用法」であることは、大きなメリットです。地方都市の住宅街には高い建物も少ないため、日差しが遮られなくて済みますから、より高い発電が期待できるでしょう。

初期費用が安いのも強みです。ソーラーパネルの購入設置に必要な費用は、数百万円~1,000万円台で推移します。人によっては借入が必要となるかもしれませんが、それでもアパート建設よりは、ずっと低く抑えられそう。

また発電した電気は、20年の間、固定価格で売電できるため、利回りが非常に安定しています。初期費用を回収できたら、あとの売上がすべて収入になるのは、魅力的ですね。

太陽光発電のデメリット

太陽光発電は、発電量が多いほど利益も高まります。このため、周囲に日光を遮る建物が多いと、経営が順調に進みません。エリア環境は時と共に変化しますので、経営開始から数年後に、新たな建物が建設されてしまう可能性も考えておく必要があります。

また多くの家庭が太陽光発電システムを導入した結果として、買取価格が年々下落傾向にあるのも、気になります。利回りの安定性が高い投資法ではありますが、固定価格を高く設定するためには「なるべく早く」始める方が良さそう。

さらに太陽光発電システムには、耐用年数があります。減価償却費を経費計上できるというメリットはありますが、2030年に一度は大幅な入れ替えが必要となってきます。その際にはまた、開始時同様の費用がかかると、念頭に入れておく必要があるでしょう。

なお「更地に太陽光発電システムを設置する」という方法は、「自然災害の影響をモロに受けやすい」ということでもありますので、対策やメンテナンス策はきちんと講じておく必要がありそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

  • ローコスト高利回り
    メーカー
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • サポートが充実している
    メーカー
    MDI
    引用元:MDI公式サイト
    https://www.mdi.co.jp/
  • 管理実績が多い
    メーカー
    東建コーポレーション
    引用元:東建コーポレーション公式サイト
    https://www.token.co.jp/
    東建コーポレーション

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介(調査日時:2021年6月)

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営とその他土地活用方法を比較
【土地活用比較】アパートvs等価交換
【土地活用比較】アパートvs貸し農園
【土地活用比較】アパートVSガソリンスタンド
【土地活用比較】アパートvs土地信託
【土地活用比較】アパートvsロードサイド経営