開く
閉じる
 

長崎県

このページでは、長崎県内でアパート経営を考えている方向けに、県内の不動産事情やエリアの特徴など、判断材料となりうる情報を紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

長崎県の概要

九州北西部に位置する長崎県は、古くは外交の要所として歴史にも度々出てきた場所。特に県庁所在地である長崎市や県内有数の都市である佐世保市の街並みには、そうした背景が色濃く反映されています。異国文化が好きだという人には、なんともたまらない街かもしれませんね。

県内で地価が高い場所は?

長崎県の地価基準ランキングは、47都道府県のうちの真ん中程度。県内で地価の高い場所を見ていくと、長崎市が他のエリアと比べて突出した地価となっています。2番手、3番手に位置するのが、長与町、時津町といった自治体で、その次に来るのが佐世保市。長崎県内でアパート経営の候補地を探すのであれば、まずはこうしたエリアをチェックするところからはじめてみると良さそうです。

長崎市は坂が多い

長崎市の地理的な特徴に「坂が多い」ことが挙げられます。アップダウンが激しいので、長崎市内でアパート選びをするときは、平面上の地図だけではなく、坂のことも考慮した方がよさそうです。たとえば坂の上にあって車を使いそうなところであれば、駐車場を用意するなど。こうしたことはネットだけでは分からないところがあると思うので、実際に足を運んでみるのがよさそうです。

観光地であることを踏まえて

長崎市は、特に九州地方以外の学校から修学旅行の旅行先として選ばれることが多く、観光地も多いことから、毎年たくさんの観光客が訪れる場所です。長崎市内でアパート経営をするのであれば、そこで住む人たちのことも考えて場所選びをした方がいいかもしれません。静かな場所がいいのか、それとも勤務先に近い方がいいのかなど…そのエリアに住む人のニーズを把握し、適した物件を用意できれば、定住してくれる人も増えそうです。

長崎県の「変形地」事情

九州北西部に位置する長崎県は、標高の低い山地とその周辺に点在する平野部、さらには壱岐、対馬、五島、平戸など多数の島群で成り立つ地理的条件が特徴です。人口規模で1位、2位の長崎市と佐世保市はいずれも港町であり、急傾斜地が多いと同時に平地が少ないことから、市内には崖地や狭小地など多くの変形地が見られます。

それでは、長崎で変形地を売却・活用する方法を紹介しましょう。

「変形地」の売却方法

ここでは、長崎の変形地を売却する方法についてまとめています。

不整形地専門の不動産会社に相談する

傾斜地であれ狭小地であれ、変形地はただでさえ売るのが難しく、個人ルートはおろか不動産会社に依頼しても買い手が見つからないケースも少なくありません。そこで注目したいのが、不整形地専門の不動産会社です。

変形地の多い長崎にも多いと思われますが、不整形地を専門に取り扱う不動産会社であれば、当該変形地の活用方法についてノウハウを持っている可能性が高く、交渉次第では高く買い取ってくれるかもしれません。

少なくとも通常の不動産会社に比べて、安く買い叩かれることはないでしょう。相談だけでもしてみる価値があります。

建物付きで売却する

変形地が売れにくい理由の一つは、購入者の側から見て、購入後の利用イメージが湧かないからです。買った土地をどのように利用するのか、具体的なプランが提示されていれば、変形地でも買い手が付きやすくなるでしょう。

そこでおすすめなのが、変形地が更地の場合、戸建などの建物を建てた上で売却する方法です。この方法は予算的なリスクが伴いますが、その反面、当該変形地の利用について具体的なプランを提示することになり、更地のままより需要を喚起しやすくなります。

立地条件にもよりますが、検討の余地はあるでしょう。

「変形地」の活用方法

続いて、長崎で変形地を活用する方法を例示します。

狭小アパートを建てる

変形地といっても、30坪程度の狭小地なら、小規模アパートを建てて経営することが可能です。

いわゆる狭小アパートですが、狭小アパートは戸数を多くするのが難しく、収益を大きくできないのが欠点ですが、ワンフロア2戸程度の単身者向けにして、2階~4階と階数を増やすことができれば、収益を最大化させることができます。

後は空室リスクを避け、入居率を安定させることです。そのためには立地条件とニーズの掘り起こしが重要になりますが、その点をクリアできる狭小地なら、アパートの安定経営・安定収入は十分に可能でしょう。

家族向け戸建ての貸家を建てる

長崎にも都市部を中心に少なからず狭小地が多いようですが、広さが20坪程度もある土地なら、思い切って家族向けの戸建ての貸家を建ててみるのも一手です。

戸建の貸家なら初期費用は高くなりますが、賃料の単価はアパートより高く設定できます。また、アパートに比べて管理がしやすいのも利点でしょう。

課題は、家賃をできるだけ高く設定するために物件に付加価値をつける必要があることですが、そのためには間取りや内装、デザインにある程度の投資をしなければなりません。

20坪の戸建を想定する場合、初期費用の目安は2,000万円程度、家賃収入は1ヶ月13~16万円です。投資金に余裕のある方向けの活用法になります。

長崎県でアパート経営を行なうには

長崎市は特殊な事情もあるエリアなので、アパート経営をしようということであれば、やはり県内にある専門の建築業者を頼った方がいいでしょう。地元で長く続けているようなところであれば、建築の技術があるだけでなく、地元の情報に精通しており、適した場所を選定してくれることでしょう。もし場所選びで迷っていることがあれば、建築会社に相談してアドバイスをもらうのも、一つの手かもしれません。

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

九州・沖縄でアパート経営をお考えの方へ
熊本県
沖縄県
宮崎県
佐賀県
大分県

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

  • ローコスト高利回り
    メーカー
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 知名度の高い
    住宅メーカー
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイナーズ
    アパートメーカー
    GIFT
    引用元:GIFT公式サイト
    https://www.prima-apartment.com/

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較