開く
閉じる

【土地活用・アパート経営】集金管理編

土地活用でアパート経営する際、「自分自身で行うのは難しい…」、という場合「管理委託」というシステムがあります。その詳細について調べているページです。

土地活用目的のアパート経営なら管理委託がおすすめ!?

土地活用目的でアパート経営を行う人は、多くの場合本業を持っているもの。その傍らに煩雑な管理業務を行うのは、事実上不可能です。このため賃貸管理会社に管理を依頼するのですが、その契約の中に「管理委託」という種類があります。

  • 管理委託が向く人…空室リスクの少ない、優良物件を経営している人
  • 管理委託が向かない人…空室リスクが心配な人、できるだけ自分の手で経営を行いたい人

以下にそのメリット・デメリットを紹介しますので、確認してください。

アパート経営を管理委託するメリット

管理委託のメリットは「サブリースよりも、管理費用を抑えられる」点にあります。サブリースの手数料は賃料の1020%ですが、管理委託なら35%程度に抑えることができるのです。

例えば家賃60,000円のアパートの場合、サブリースなら年間で最大150,000円程度の費用が発生しますが、管理委託なら最大40,000円程度に抑えられます。100,000円以上の違いがあるのですから、馬鹿にはできませんよね。

また費用差に関わらず「賃貸管理とサブリースの業務内容には、ほとんど差がない」という点も注目に値します。入居者募集や契約、家賃回収、そして日時を問わずに発生する問題やクレームへの対応などを、すべてお任せできるのです。

これなら本業を持っているオーナーでも、安心してアパート経営を続けていくことができそうですね。

アパート経営を管理委託するデメリット

ではなぜ、管理委託とサブリースとの間に費用差があるのでしょうか?その違いは「家賃保証の有無」に集約されます。

アパート経営で最も怖いリスクのひとつは「空室」。いくら不動産を経営していても、入居者が集まらなければ、ローン返済すらままならなくなってしまいます。

サブリース契約には、この空室リスクを一定期間保証してくれる、「家賃保証制度」が付加されています。オーナーにとって「入居者がいない間も家賃収入が得られる」という事実は、大きな安心材料となってくれるでしょう。

管理委託契約にはこの家賃保証がないため、管理料も低く抑えられている分、空室リスクに対して常に敏感にならざるを得ません。

とは言えサブリース契約の内容は、管理会社により、かなり差があります。一概に「家賃保証があるから、安心」とは言い切れないのです。契約を結ぶ前には、会社自体の情報をよく調べておく必要がありそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較