開く
閉じる

【土地活用比較】アパートVSガレージハウス

このページでは、土地活用をするにあたっての、アパートとガレージハウスの比較について紹介しています。

ガレージハウスはアパートと比べると特殊な物件の一つであるため、メリット・デメリットが如実に表れます。それぞれの特徴を具体的に知っていくことで、自身にとってどちらが有益か判断するための一助としてください。

駅から遠い物件を有効活用するならガレージハウス、将来への備えならアパート経営がおすすめ!

ガレージハウスは、賃貸住宅と車用・バイク用のガレージが一体になった賃貸住宅です。1階に大きなスペースが設けられ、2階が居住スペースとなっているような造りのものが多くみられます。ガレージにはシャッターが設えられ、電動で開け閉めできるものもあります。

物件のメインターゲットになるのは、ガレージで車やバイクを保管したいという人たちが中心。どちらかというと富裕層が多くなります。また、サーフィンやジェットスキー、ボートなど、なかなか一般の家庭では所有できないような大型の道具が必要な趣味人も対象です。ある意味で、自宅に自分だけの秘密基地を設ける…そんな夢を叶える住宅だと言えるでしょう。

ガレージハウスのメリット

特殊な住宅であるガレージハウスは、メリットやデメリットがはっきりと出てきます。それらをしっかりと把握するのが、ガレージハウス経営の第一歩です。

駅からの距離が問題にならない

一般的な賃貸住宅の場合、駅からの距離というのは成約に至る際の大きなポイント。駅から遠い物件は、それだけで避けられてしまうものです。

しかし、ガレージハウスを契約する層は、基本的には車やバイクといった自分の移動手段を持っている人。つまり、駅からの距離というのはあまり大きな問題にならないことが多いのです。通常避けられがちな幹線道路沿いも、アクセスが良い場所として好まれる傾向があります。海沿いの物件であれば、マリンスポーツ愛好家をターゲットにするのもいいでしょう。

優良な借り主が多い

ガレージハウスを借りるのは、車やバイク、大型の機材を持つ趣味を大事にしている人です。それだけ趣味にお金と労力を割ける借り主は、ある程度の所得を安定して得ており、経済力と社会的地位・信用を兼ね備えている人物であることが多いため、物件を貸す相手として優良。そのため、賃料の未回収やトラブルのリスクは低いと言われています。また、特殊な造りの物件ということで、相場より高めの値段設定でも借り手が見つかりやすいのもメリットのひとつです。

ガレージハウスのデメリット

借り手を見つけにくい

ガレージハウスは、良くも悪くも特殊な物件です。つまり、なかなかニーズに合う借り手を見つけられないことは十分に考えられます。借り手を探すのであれば、一般的な不動産業者に依頼をするだけでなく、自動車愛好家・バイク愛好家の集まりなど、ターゲットとして考えている層に向けてダイレクトにアピールするような施策が必要となるでしょう。ガレージハウスの扱いに長けた不動産業者に依頼するというのも、一つの方法です。

場合によっては簡単に解約となることも

ガレージハウスは趣味人のセカンドハウスとしてのニーズが主となります。そのため、もし何らかの経済的な問題が出た場合、経費削減として真っ先に解約される、ということも考えられます。退去については常に想定をしておいた上で、もしもの場合はすぐに不動産業者と連係し、新たな借り主を探せるようにしておくといいでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較