開く
閉じる
 

【土地活用比較】アパートvsコワーキングスペース

このページでは、土地活用におけるアパート経営とコワーキングスペースを比較しています。一体どのような違いがあるのでしょうか?

コワーキングスペースとは

「コワーキングスペース」とは、独立した個人や事業者などが、机や椅子、インターネット回線などを共有しながら働けるスペースです。類似のものにシェアオフィスやレンタルオフィスがありますが、その場所で積極的に交流が図られるというのがコワーキングスペース最大の特徴です。同じ空間で働きながら情報などを共有し、時には同じ案件に取り組む、さらにはコミュニティーが形成される、といったことがあるのは、「コワーキングスペース」特有の事象と言えるでしょう。

利用に関しては、月額制などの定額制を採用しているのが一般的です。

コワーキングスペースのメリット

コワーキングスペースを運用するにあたっては、以下のようなメリットがあります。

多様な人材との交流が図れる

コワーキングスペースにはその性質上、さまざまなスキルやバックボーンを持った人材が集まります。集まってくる人々と交流を図ることで、いろいろな人脈を形成できることでしょう。もしかしたら、新しいビジネスのきっかけもそこで生まれるかもしれません。

コミュニティーを形成できれば、安定して収益を得られる

フリーランスで働く人たちは、さまざまなネットワークを持っています。その中心となるコワーキングスペースを形成できれば、今後安定した収益が見込めます。ネットワークを構築できる場というのはフリーランサーにとって魅力的であり、そこに人が集まってくるからです。

コワーキングスペースのデメリット

もちろん、コワーキングスペースを運営するにあたり、デメリットもないわけではありません。

初期投資にある程度の金額がかかる

フリーランスの人たちに安定してコワーキングスペースを使ってもらいたいのであれば、それだけの設備を整える必要があります。椅子や机、ネットワークや電源はもちろん、利用者にとって居心地の良い場所にするためには、リラックスできる空間や、仮眠室なども整える必要があるでしょう。また、当然最初の利用者はゼロなので宣伝などは必須ですし、通いやすい立地も考慮しなければなりません。

営業時間が長くなる

コワーキングスペースを利用する人たちは、それぞれのリズムで働いています。朝早い人もいれば夜遅くまで働く人もいるので、そんな人たちに合わせるなら、必然的に営業時間も延びます。

アパート経営とコワーキングスペース、どちらが儲かる?

アパート経営とコワーキングスペースには、それぞれにメリット・デメリットがあります。どちらが儲かるかというのは、立地をはじめとする条件によって左右されるでしょう。手持ちの物件の特徴やその他の条件を見極め、より確実に成果が出るほうを選んでいきたいところですね。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

  • ローコスト高利回り
    メーカー
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • サポートが充実している
    メーカー
    MDI
    引用元:MDI公式サイト
    https://www.mdi.co.jp/
  • 管理実績が多い
    メーカー
    東建コーポレーション
    引用元:東建コーポレーション公式サイト
    https://www.token.co.jp/
    東建コーポレーション

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介(調査日時:2021年6月)

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営とその他土地活用方法を比較
【土地活用比較】アパートvsトランクルーム
【土地活用比較】アパートvsマンション
【土地活用比較】アパートVSガレージハウス
【土地活用比較】アパートvs老人ホーム
【土地活用比較】アパートvsコンビニ