開く
閉じる
 

【土地活用比較】アパートvsロードサイド経営

利回りが高いのが魅力の「ロードサイド店舗経営」。他の運営方法と比べた時のメリット・デメリットや、土地活用方法としてメジャーな、賃貸経営と比べた時の違いなどをまとめてみました。

利回りの高さではトップレベルのロードサイド店舗経営

ロードサイド店舗運営とは、幹線道路やバイパスのように車の通行量が多い道路沿いのことをロードサイドといい、そこで店舗を設けることをロードサイド店舗運営と言います。

代表例としては、マクドナルドやガストなどのチェーン店が挙げられます。基本的には、車で来るお客さんを想定し、駐車場を設けていることが多いです。

ロードサイド店舗経営のメリット

ロードサイド店舗経営のメリットは「利回りが高い」「集客のしやすさ」という点があります。

利回りが高い

店舗の運営がうまくいっていれば、売り上げに準じて高い利回りが期待できます。駐車場や賃貸経営だと、管理コストがかかりますが、ロードサイド運営の場合は、店舗の運営自体はチェーン店そのものに任せられるため、手間はほとんどかかりません。

集客がしやすい

通行量の多い道路沿いにあるため、車やバイクで来るお客さんを集めることができます。遠方のお客さんも集客しやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

ロードサイド店舗経営のデメリット

ロードサイド店舗経営のデメリットは「利益はテナントの運営次第」「ローンを組む可能性も」という点があります。

利益はテナントの運営次第

テナントの運営状況によって利益が大きく左右されるのがロードサイド店舗経営のデメリットです。つまり経営者に依存してしまうため、ある意味博打に近いと言えるでしょう。

ローンを組む可能性も

店舗を運営していくためには、資本金が必要不可欠です。事業を一つ始めるために、ローンを組んで大きなリスクを背負わなければなりません。

アパート経営とロードサイド店舗経営どちらが儲かる?

これまで紹介してきたロードサイド店舗と、土地活用の中では主流に入るアパート経営を比較してみました。

  • ロードサイド店舗経営…成功すれば利回りは高いが、店舗の運営にすべてがかかっているためリスクも高い。
  • アパート経営…初期投資はかかるが、定期的に十分な収入を得られる。

当サイトでおすすめしているのはアパート経営です。広い土地でなくても賃貸住宅は今の技術であれば自由に建てられます。東京に土地を持っている人であれば、常に賃貸需要は高まっているので、安定した不労所得を得られるでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営とその他土地活用方法を比較
【土地活用比較】アパートvs資材置場
【土地活用比較】アパートvs民泊
【土地活用比較】アパートVSガレージハウス
【土地活用比較】アパートvs自動販売機
【土地活用比較】アパートVSガソリンスタンド