開く
閉じる
 

新潟県

このページでは、新潟県でアパート経営を考えている方に向けて、新潟県内の不動産に関する諸事情や人口、エリアの特徴などをご紹介しています。アパート経営の一助として、参考にしてみてください。

新潟県の概要

北陸地方にある新潟県は、米どころ、そしてスキーなどのレジャーで有名な地域です。

ただ、雪といってもエリアによって大きく違い、山間部は世界でも有数の豪雪地帯となっていますが、県内最大の都市である新潟市などは、それほど雪が多くはない地域となっています。

アパート経営は新潟市を中心に考える

また、新潟市は人口がおよそ80万人、県内の3割以上の人たちが居を構える大都市ですので、新潟県でアパート経営を考えるのであれば、まずは新潟市をベースに考えていくといいでしょう。

新潟市で言うと、中央区・西区は物件数が県内でも上位のエリアでありつつ、空室率も20パーセントを超えています。

一方で東区は物件の数は多いものの空室率は17パーセント台と、他のエリアに比べるとやや低め。現地の状況なども踏まえた上で、場所選びを行っていくといいでしょう。

新潟市以外なら長岡市、上越市は物件が多い

新潟市以外でアパート経営をするのであれば、長岡市、上越市は物件が多めとなっています。

ただ、長岡市は空室率が20パーセント近くあり、上越市に至っては空室率が25パーセント近くと、高目の数字になっています。既存の物件を購入する、ということであれば、物件のあるエリアの空室率がどうか、その理由は何なのかなど、細かくリサーチを行った上で、必要に応じて適切な対応をしていくようにしましょう。

地域特有の事情を知る業者を探す

新潟県は大都市圏などとの風土の違いがあります。

当然、その地域特有の事情なども多くあり、アパート経営を行っていく上で無視することはできないでしょう。もし県外から新潟県のアパート経営に乗り出すのであれば、県内の事情をよく知る業者と提携するのは必須と言えそうです。

新潟県でアパート経営を行なうには

新潟県に限らず、アパート経営に関しては、利回りや立地の調査など、事前に行うべきことが数多くあります。そうしたことに細かく対応していくためには、やはり地元の業者の力を借りることが必要になります。

そしてアパートを新築するということであれば、場所によっては雪に強い物件づくりが求められますので、そうした建築会社を探し、物件建設までを依頼できるようにしておくといいですね。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

中部地方でアパート経営をお考えの方へ
愛知県
福井県
長野県
山梨県
石川県