開く
閉じる
アパート経営で土地活用/東京で選ぶべき会社を比較 » 初めての土地活用~アパート経営とは~ » 【土地活用】アパート経営を選ぶメリット・デメリット
 

【土地活用】アパート経営を選ぶメリット・デメリット

固定資産税が課税されるばかりの遊休地に、アパートを建て、経営することで土地活用!

このページでは、そのメリット・デメリットについて調査しています。

土地活用でアパート経営を選ぶメリット

アパート経営にはどのようなメリットがあるのでしょうか?以下に見ていきましょう。

不労所得が得られる

葉っぱアパート経営の単純なメリットに「黙っていても家賃収入が入ってくる」という点が挙げられます。ハードを用意することで、働かずとも定期的な収入が得られるのですから、うらやましい限り。

とは言え、その初期費用は高くつきますし、ランニングコストや空室リスクも軽視することはできません。しかし長い目で見てプラス収支を目指す余裕さえあれば、アパート経営は「老後の備え」ともなってくれる投資です。

節税効果が見込める

遊休地を放置しておくと、固定資産税や都市計画税を毎年支払わなければならなくなります。

しかしアパートを経営することで、これらの税率が大幅に下がり、高い節税効果を得ることができます(※詳しくは「土地活用・アパート経営で節税対策!」のカテゴリをご参照ください)。

運営上のメリットも

アパートは集合住宅なので、投資対象は一つでも、戸数分のリスク分散が可能という運営上のメリットがあります。

また不動産は「物」なので、インフレ(物価が上がり、貨幣価値が下がる)対策としても有効。今後の日本経済はインフレ傾向にあるため、金融商品よりも将来性が高いと考えられています。

土地活用でアパート経営を選ぶデメリット

メリットがある反面、デメリットもあります。アパート経営を考えているなら、しっかりと知識を深めておく必要があります。

設備投資費がかかる

アパート建設には数千万円単位の出費が必要。このため、減価償却までには一定の時間がかかります。また流動性・転用性も低いため、長期的な経営をあらかじめ念頭に置いておかなくてはなりません。

もちろん、ランニングコストも必要。修繕費を惜しんでいると資産価値が下落する一方ですから、あらかじめ積み立てを始めておく必要があります。

さまざまなリスクがある

アパート経営で怖いのは、空室リスク。いざ経営を開始しても、入居者が現れなくては話になりません。このため、あらかじめアパート経営に向く土地なのかどうかは、入念に調べておく必要があります。

また建築費を一括で支払えるオーナーは、少なめ。多くはローンを利用しますが、将来的に金利が上昇するリスクもあります。

さらに怖いのは、災害リスク。特に地震などの天災は防ぎようがないので、必ず保険に加入しておきましょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

  • ローコスト高利回り
    メーカー
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • サポートが充実している
    メーカー
    MDI
    引用元:MDI公式サイト
    https://www.mdi.co.jp/
  • 管理実績が多い
    メーカー
    東建コーポレーション
    引用元:東建コーポレーション公式サイト
    https://www.token.co.jp/
    東建コーポレーション

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介(調査日時:2021年6月)

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

初めての土地活用~アパート経営とは~
土地活用によるアパート経営はどこに相談すればいい?
【土地活用】アパート経営は収支計画が大事!
2020年の民法改正で何が変わるのか?
アパート経営を狙う詐欺に注意!
【土地活用】アパート経営は資金計画が大事!