開く
閉じる

土地活用・アパート建築の見積もり時の注意点

土地を活用する目的でアパート経営を決心した場合、最も気になるのが出費。特に建築費用は最も高く、数千万円から1億円以上になる場合もあります。初期費用(建設費用)に関しては、見積もりが重要となってきます。

見積もりはなぜ必要?

見積もりイメージ画像

数千万円単位の出費となるのですから、慎重を期すのは当然。見積もりを依頼する際には、必ず一社だけでなく、必ず複数社から相見積もりを取ることが大事。一社への依頼だけでは、その優越性さえ判断が付かないからです。

必要以上に高い出費を防ぐため、相見積もりは大いに役立ってくれるでしょう。業者も当たり前のこととして相見積もりを受け止めているので、遠慮する必要はありません。

見積もりを取るときの注意点

見積もりに決まった書式はない

同じ条件で見積もりを依頼しても、会社によって見積もりの書式は違います。書式には特に決まりごとがないため、内訳が簡素な業者もあれば、詳細に渡る業者もあります。

信用に値するのは当然後者ですが、一社への依頼だけでは、その優越性さえ判断が付きません。またその内容が適切かどうかもわかりません。

パッと見の印象に騙されず、丁寧に各社の見積もりを見直すことを意識しましょう。

詳細まで同一条件に揃え見積もり依頼をすること

ひと口に建築業者と言っても、その個性はさまざまです。標準設備も異なりますし、会社によっては建材まで製造しているところもあります。

理想的なのは、見積もり含む項目や素材、そして設備などをなるべく同一の条件に揃えること。これならオーナー初心者でも、比較がしやすくなります。

いくつかの見積書を見る中で、有力な候補を絞り込んだら、なるべく同等の項目を満たす見積もりを再提案してもらう、或いはオーナー自身が、積極的に詳細を質問してみるようにして下さい。

迷ったら、目標・コンセプトに立ち返る

「アパートの建築なんて、初めて」という人にとっては、建築業者選びもひと苦労。「どうやって業者を選ぶべきか、わからない」という人もいるでしょう。

そんな時は基本に立ち返り、あなたが立てたコンセプトを思い出して下さい。例えば、デザイナーズマンションの建設を得意としている業者に「必要最低限の設備で、家賃も低く抑える」という内容を依頼するのは、ミスマッチ。見積もり内容にも満足がいかないはずです。

業者の情報を調べる中で、自分の立てたコンセプトに合致する建物づくりが得意な一社を、探すことを心がけましょう。

経営するのはあなた自身。「必要最低限の設備で、家賃も低く抑える」という内容でも、立派なコンセプトと言えます。自分が無理なく経営し続けられる建物という前提で、発想を自由に広げてみて下さい。

見積もりでのトラブル事例

「親から賃貸住宅を受け継いだのですが、そのタイミングで大幅なリフォームを実施しました。親と古い付き合いのあった建築業者は横柄で対応が悪く、相性の悪さを感じていました。

そこで思い切って複数社に見積もりをお願いしましたが、非常に良心的な業者とめぐりあうことができました。あのまま元の業者に頼んでいたら…、と思うとゾッとします」

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較