開く
閉じる

岐阜県

このページでは、岐阜県でアパート経営を考えている方に向けて、岐阜県というエリアの特徴や、人口分布などについて紹介しています。これからアパート経営を行う際の情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

岐阜県の概要

岐阜県は中部地方に属する県で、海のない内陸県です。夏は暑く冬は寒いという寒暖差の大きい地域で、県内にある多治見市は、過去に日本における観測史上最高気温を記録したこともあるほど。また、「関ヶ原の戦い」で有名な関ヶ原があることでも有名です。

名古屋へのベッドタウンとして機能

岐阜県は愛知県に隣接しており、県内の一部の自治体は名古屋のベッドタウンとして栄えてきたという背景があります。必然、名古屋への通勤アクセスが重要視されてきますので、岐阜県内でアパート経営をしていくのであれば、そうした人たちにとって利便性の高い場所を選ぶ必要がありそうです。また、ファミリー層向けなのか単身者向けなのかなども、大事になってきそうですね。

物件の数は岐阜市が圧倒的に多い

岐阜県内の賃貸物件数を見ていくと、岐阜市が抜けて多く、2番手の大垣市と比べても3倍以上の数があります。ただ、空室率も20パーセント台後半という数字を記録しているので、その理由をしっかりと探っていくことが、アパート経営を行うための第一歩だと言えそうです。

岐阜市以外に狙い目の市は?

岐阜市以外でアパート経営をできそうなエリアを探っていくと、大垣市、各務原市、高山市、多治見市などが挙げられるでしょう。いずれも岐阜市ほど空室率は高くはなく、物件数もそれほど多くはないということから、このエリアで魅力的な物件を持てれば、居住者の安定確保につながりそうです。まずは、地域の情報を探ることで適したエリアを探していきたいところですね。

岐阜県でアパート経営を行なうには

岐阜県は県内で働く人だけでなく、名古屋に働きに出る人が多い、ベッドタウンとして機能してきたエリアであることは、アパート経営を行う上で見逃せないポイントとなっています。どこにどんな物件が求められているのかというのは、外部から少し探った程度では見極めるのが困難でしょう。そんなときに心強い存在となるのが、岐阜県内で長く営業を続けてきた、地場の建築会社です。長年にわたって地域に密着してきた経験や情報網をもって、エリアの特徴や「ここにアパートがあると地元で喜ばれる」といった情報やアドバイスを提供してくれるでしょう。場所探しから建築までをサポートしてくれる存在というのは、非常に心強いものと言えそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較