開く
閉じる

愛知県

中京地域といわれ東京都大阪を結ぶ要所として発展しつづける愛知県。アパート経営においても適地の一つと評価されています。このページでは、愛知県でアパート経営を行う場合におぼえてほしいポイントや注意点について詳しく解説します。

愛知県の概要

愛知県は古くは尾張、三河と呼ばれた地域。戦国時代にはこの地域から豊臣秀吉、徳川家康、やがて天下人となる二人をはじめ多くの武将が誕生した地としても知られています。

現在、愛知県の県庁所在地名古屋は人口約230万人、東京、大阪、横浜につづく日本第4の人口を起こる巨大都市に成長し、その周辺にはJR線、地下鉄線、名鉄線、近鉄線によって結ばれた広大なベッドタウンが広がっています。

もう一つ愛知県の中心地といえるのはトヨタの本拠地である豊田市。文字通り世界最大級の自動車メーカーの本拠地として毎年膨大な人数の人々が流入・退出をくり返しています。

名古屋市の地価は順調に上昇中

2019年の地価公示結果の概要によると住宅地の平均変動率は+2.3%と堅実に推移し、特に中区では平均地価が+24.1%と急速な伸びを示しています。

またワンルームマンションの平均賃料では、東区が前年の2位から1位となり6.32万円、2位が中区で6.29万円と住居として活用するメリットも大きくなっています。

ファミリー層は名古屋市内から周辺の市へと脱出の傾向

一人暮らしや新婚夫婦の場合は名古屋市内の便利さが魅力となっているようです。しかし、子どもができて学校に通いはじめる30~40代になるとドーナツ地帯のみよし市、日進市、長久手市などに移動する傾向があります。

この地域には格安戸建て住宅を提供する企業もありますが、一方でファミリー型マンション・賃貸住宅の人気も上々です。

大学や公園などファミリー層向けの施設も充実

上記3市には行政の協力もありファミリー層を迎える施設が充実してきています。愛知県立大学、愛知県立芸術大学、愛知医科大学などがあり、また長久手市だけをとっても杁ヶ池公園や古戦場公園、色金山歴史公園、血の池公園、後山公園、卯塚緑地公園、原邸公園、桧ヶ根公園などの充実した公園環境があります。

地価の高騰が少ないわりに住む場所としての魅力が着々と向上しているこれらの地域はこれからアパート経営を行う狙い目かもしれません。

愛知県でアパート経営を行なうには

愛知県は人口も経済的にも安定しているため、アパート経営には適した場所といえるでしょう。

とはいえ、名古屋市の中心地とドーナツ地域では住む人のタイプと生活の指向にはギャップがあるので、ターゲットのライフスタイルをきちんと見極めて設計するのが大切になります。

都市部では独身層をターゲットにしたデザイナーマンションが、郊外部では住みやすさを重視しガレージを標準設備した住まいが求められます。

一面で排他的ともいわれる県民性をもった愛知県。地元の人に受け入れられるための努力も不可欠になるでしょう。利回りや立地の調査などには地元の建設会社の協力を仰ぐのがコミュニケーションのパイプを開く上でも効果的です。運用まで任せられる業者なら地主の負担はさらに小さくなります。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地の対応も得意!
    企画力なら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較