開く
閉じる
 

アパート経営で持っていると助けになる資格

このページでは、アパート経営で持っていると助けになる資格を紹介します。

アパート経営に資格は必要?

アパート経営を始めるにあたって、「どんな資格が必要なのだろうか」と気になる人は多いのではないでしょうか。結論から言うと、アパート経営をするのに絶対必用な資格はありません。ただ一方、「持っといたほうが収益増につながる資格」はありますので、興味がある方は是非読んでみてください。

持っているとアパート経営の助けになる資格

宅地建物取引士

宅地建物取引士(通称:宅健)はアパート経営だけでなく、不動産取引をする全ての人にお勧めできる資格です。どの不動産業社でも必ず一人は宅建有資格者がいるほど、一般的でかつ重要な資格です。もし取得できれば、「信頼性の高い物件と業者」を選びやすくなるでしょう。

宅地建物取引士を取得するためには、不動産に関連する法律や、土地・建物の種別や構造、権利関係など幅広い知識が必要となります。宅地建物取引士の試験の合格率は15%程度と難関ですが、勉強次第では普段サラリーマンをしてる人でも十分に取得することができる資格です。不動産資格の取得を考えている人は、検討してみてはいかがでしょうか。

不動産実務検定

日本不動産コミュニティーという一般財団法人が運営している、不動産関係の実践的な知識を身に付けることを目的とした資格です。以前までは「賃貸経営実務検定」や「大家検定」と言われていました。

不動産実務検定には1級と2級があります。1級は不動産投資実務全般の専門的な資格になりますので、まずは2級を取得してみましょう。有資格者になることにより、アパート経営をする上で安心感が高くなります。合格率は1級が50%弱、2級は60%強で、ほぼ毎日試験が行われていることから、普段はサラリーマンをしている人でも十分取り組めるのが魅力な資格です。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、資金計画や金融資産の運用・税務管理などの知識を必要とした、広くお金に関するアドバイスを行うことができる国家資格です。1級から3級までありますが、実務で求められるレベルは2級以上と言われています。

試験には不動産の分野があり、資格を取得することによりライフプラン表の作成や、不動産の売買計画、税金の計算や保険の見直しなど、長期間の資金運用について計画することができるようになります。アパート経営だけでなく、個人の資産運用についての知識を網羅的に得ることができるので、自身のライフプランニングに非常に役立つと言えるでしょう。

マンション管理士

アパート経営でなく、マンション経営を考えているならマンション管理士の資格がお勧めです。不動産投資を始める際、まずアパート経営から始め、いずれはマンション経営をする方も多いので、学んでおいて損はないでしょう。

この資格ではマンションにおける設備管理や入居者管理、トラブルなどへの対処方法が学べるため、アパート経営にも活用できるのが魅力的です。住民からの苦情や相談などを直接聞くことも業務のひとつなため、居住者の具体的なニーズを掘り起こすことができるかもしれません。

管理業務主任者

管理業務主任者とは、マンション管理業者が管理組合等に対して行う管理委託契約の説明や管理事務報告に必要な国家資格です。アパート経営ではなくマンション管理に関する資格ですが、将来的にマンション経営を考えているならば取得しておいて損はない資格です。

管理業務主任者に必要なのは、不動産関連の法律、マンション管理適正化法、管理組合に関する財務知識などです。マンション管理会社は、管理業務主任者の資格を持つものを一定数、必ず配置しなければならないと定められており、重要な存在と言えるでしょう。

住宅診断士

住宅診断士は、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会が認定する民間資格です。住宅診断士は、アパートなどの住宅全体の劣化状況や欠陥の有無をチェックし、メンテナンスの箇所や時期・費用をアドバイスする専門家です。住宅診断士の資格を取得すれば、アパート経営の際に自身の不動産チェックをすることができます。

資格の取得には建築・不動産取引・住宅診断方法などの知識が必要になります。試験は年に1回。合格率は3割を切っていますが、きちんと勉強をすれば普段はサラリーマンをしている人でも十分合格できるでしょう。

アパート経営を有利にする条件とは?

サラリーマンである

サラリーマンは不動産を購入する際にローンを組みやすいので、アパート経営で有利です。特に、一部上場企業や信用の高い企業に勤めている場合、ローン審査に通りやすいので高額資金を借入できます。一般的な企業であっても、入社から長く同じ企業に勤めているなどの理由で、個人の信用度は上げることができます。

自己資金が多い

アパートなど不動産を購入には高額の出費が掛かります。預貯金などの自己資金が多いとその分の借入金が少なくすむので、リスクを抑えたアパート経営が可能です。他にも、自己資金が多ければ購入するアパートの選択肢が増えるメリットもあります。

事業計画を念入りにつくる

アパート経営に限らず、事業を成功させるためには事業計画を念入りに作ることが必要です。入念な事業計画を立てるためには、不動産だけでなく、法律や資金運用の専門家へ相談してみるとよいでしょう。今回紹介した資格をもった専門家に相談するのもよいですし、自身で資格をとって事業計画を練るのも1つの手と言えるでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

初めての土地活用~アパート経営とは~
土地活用によるアパート経営はどこに相談すればいい?
【土地活用】アパート経営は資金計画が大事!
【土地活用】アパート経営は収支計画が大事!
アパート経営を狙う詐欺に注意!
2020年の民法改正で何が変わるのか?