開く
閉じる
 

宮崎県

このページでは、宮崎県内でアパート経営を考えている方向けに、県内での不動産事情、エリアの特徴といった情報を紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

宮崎県の概要

宮崎県は九州南東部に位置する県で、温暖な気候から、シーズン前のプロ野球チームやプロサッカーチームがキャンプを張ることでおなじみです。

また、地鶏やマンゴー、日向夏などの食材にも恵まれ、食が有名な地域とも言えます。

県の土地を見ると、約75%を山地が占めるということで、住宅地もある程度限られていると言えそうです。

アパート経営の候補地は厳選する必要がありそう

宮崎県における平野部は全体の1/4と、非常に少なくなっています。

必然的に、アパートのニーズがありそうな地域はある程度限られてくるため、場所選びは厳選していく必要があるでしょう。

もちろん、人気の地域にはすでにアパートがあるわけですが、既存の物件を購入する、穴場になりそうな当地でアパート経営をはじめるなど、方法についてはしっかりと見極める必要がありそうです。

家賃相場は比較的低め

宮崎県の基準地価ランキングは47都道府県中37位。近年は宮崎市を除き、全体的に下落傾向にあります。

その分家賃の相場も低く、1Kの物件だと、県内でもっとも安いところは月の家賃が2万円を切る、というところもあるほど。

アパート経営には収入と支出のバランスが必要ですので、あまりに安い相場のエリアだと、経営が難しいところもあるかもしれません。

県の中心、宮崎駅界隈が人気

宮崎県内で最も栄えているエリアと言えば、やはり県庁所在地であり県の中心である宮崎市・宮崎駅近辺となります。

駅近くの物件はすでに埋まっていることが多いですが、少し離れたところでは、アクセスがいいながらもまだアパートがない、というところもあるかもしれません。

一度現地をリサーチし、状況を確認してみると、狙い目の場所が見つかるかもしれませんね。

宮崎県でアパート経営を行なうには

宮崎県は土地の問題などから、アパート経営に向いていそうなエリアというのは極めて限られていると言えるでしょう。

そうした地域であれば、県外の人はもちろん、県内にお住まいの人であっても、アパート経営に適した場所を見つけるのは至難の業と言えるかもしれません。そこで力になってくれるのが、地元の業者。特に建築関係の業者であれば、建築のことはもちろん、立地関係でもいろいろな情報を持っており、力になってくれることが多いのではないでしょうか。

物件探しの際は、一度相談してみることをおすすめいたします。

宮崎県の「変形地」事情

九州南東部に位置する宮崎県は、西側に連なる九州山地を主として県土の約75%を山地が占める山岳県です。東部には太平洋(日向灘)、西側には件の九州山地、その間に狭小な平野部が点在するという格好で、海、山、川の多さにも恵まれ、自然の豊かさが光ります。

地形としては、山地、丘陵地、台地が多く、変形地としては傾斜地や崖地、都市部には狭小地や旗竿地も少なくないようです。

では、宮崎県で変形地を売却・活用する方法について紹介していきます。

「変形地」の売却方法

まずは、宮崎県で変形地を売却する方法を紹介します。

隣人に売却を打診する

いかなる変形地にせよ、売却するためにまずチェックしておきたいのは、隣地です。

なぜなら、当該変形地の場所がそもそも変形地の集積エリアである場合、隣家も同じように変形地である場合が多く、しかも隣の変形地を買い取って整形地にし、資産価値を高めたいと考えているケースが少なくないからです。

そして、もしこのようなケースに該当する状況なら、隣地の所有者が変形地を買い取ってくれる可能性は高いでしょう。

アプローチしてみる価値は十分にあります。

不整形地に強い買取業者に相談する

隣人への売却が難しい場合は、不動産買取業者に当たってみるのも方法の一つでしょう。ただし、ここでいう不動産業者とは普通の不動産業者ではなく、不整形地の買取を専門にしている不動産業者です。

このようなタイプの買取専門業者は、変形地の資産価値を高める方法や販売のルート、ノウハウを持っているため、個人では買取が難しい不整形地も、買い取ってくれる可能性があります。

変形地が少なくない宮崎にもこのような買取業者がいるはずなので、リサーチしてみるといいでしょう。

値引きして売る

これは最終手段になりますが、値引きして売るという方法もあります。方法というより窮余の一策というべきですが、変形地は整形地に比べて維持費や税金が安いとはいえ、何の運用もせず長く保有し続ければ、コストを支払い続けるだけで利益はなく、負担になる一方です。

その負担が大きくなり財政を圧迫するようなら、値引きして売るほうが賢明でしょう。ネガティブな方法ですが、変形地を保有するデメリットを回避する手段として覚えておいてください。

「変形地」の活用方法

ここでは、宮崎での変形地の活用方法を紹介します。

コンテナハウスを設置する

将来性の高さからおすすめできるのは、コンテナハウスの経営です。コンテナハウスとは、鉄鋼製の簡易倉庫のことで、それを人に貸して使用料を得る方法がコンテナハウス経営になります。

メリットは、貸し倉庫ビジネスの国内市場規模が拡大していること、狭い土地でも活用できること、減価償却ができるため節税対策にもなること‥などです。

専門会社に調査を依頼して、安定したニーズが見込めるようなら、活用を検討してみてもいいでしょう。

太陽光発電

宮崎県は県土の7割以上を山地が占める山岳県であり、傾斜地も多いのですが、傾斜地の土地活用方法としては太陽光発電の運用もおすすめします。

太陽光発電の運用とは、敷地内にソーラーパネルを設置して発電し、電力を売電して利益を得る方法です。国が再生可能エネルギーの生産を推奨していることもあって、安定収入を確保することが可能であり、マンションやアパート経営のようにメンテナンスに手間がかからないメリットもあります。

また、太陽光発電の利益は天候次第であって設置場所は関係なく、片田舎の土地で運用開始できるのも利点です。

狭小アパートの経営

宮崎には都市部を中心に狭小地も少なくありませんが、狭小地の土地活用なら、狭小アパートを経営するのもいいでしょう。

アパート経営とはいうまでもなく、アパートへの入居者を募って賃料を得る手法です。狭い土地にアパートが建つのかと思われるかもしれませんが、近年はこの手の運用が少なくなく、30坪程度は普通にありますし、20坪や15坪以下の土地に建てられた狭小アパートもあります。

しかも、立地条件が良く内装もきれい、設備も整っているなど、狭さを除けばメリットが多いということで、若者を中心に人気が高いようです。

初期費用がかかるなど負担はありますが、一方で、入居者さえいれば不労所得が得られ、節税対策にもなるなどメリットもかなり多いので、検討してみて損はないでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

九州・沖縄でアパート経営をお考えの方へ
長崎県
鹿児島県
佐賀県
沖縄県
大分県