開く
閉じる
 

周辺環境が悪い

このページでは、周辺環境の条件によって失敗してしまうアパート経営の例について紹介しています。これから土地活用としてアパート経営を考えている方は必見です。

周辺環境の悪さでアパート経営を失敗してしまう例

アパートの周りの環境によって住居者に選ばれる可能性が下がることがあります。ネットでアパートの写真や内観を見た時は、良い物件に思えたけれど、実際に足を運んでみると隣が墓地だった。駅までの道が急な坂道だった。アパート選びの経験がある方なら、そんな経験があはず。アパートそのものの状態が良くても、駅までの距離が良くても、周りの環境によって諦めてしまう住居者はたくさんいます。

どういった周辺環境が嫌がられるのか、嫌がられる周辺環境の条件をまとめてみました。

居酒屋が多くて夜はうるさい

飲み屋が近くにあると、朝や昼は静かで過ごしやすくても、陽が落ちる時間帯になると騒がしくて家でリラックスできないと懸念されてしまいます。特に、子供を持つファミリー層だと、子どもに悪影響が出たり、子どもが夜に眠れなくなったりとより嫌煙されてしまうでしょう。飲み屋が近くにある。近くにできそうという場合は、単身向けのアパート設計にすることをおすすめします。単身者であれば、安かったりアパートの造りが良ければある程度うるささは気にならないという人も増えるでしょう。

墓地が近くにあってうっそうとした雰囲気

通りかけるだけでもなぜか不安な気持ちになってしまう墓地。家の近くにあるのは出来るだけ避けたいのは言うまでもないでしょう。料金を格安にしたり、部屋を広くしたり、メリットを多めに設ける必要があります。

駅からの帰り道で暗くて人通りの無い道がある

人通りの少ない道は、何か起きても助けてもらえる可能性が少ないため、防犯面で嫌煙されてしまいがち。特に女性や子どものいるファミリー世帯だと防犯面は重要視するポイントです。アパートの前の通りが人通りが少ない場合は、アパート前だけでも街頭の設置を検討するなど、事件が起こらないようにする工夫があると良いでしょう。

アパートを借りる人の気持ちで周辺環境をチェック

周辺環境をチェックする時は、2つの目線でチェックしましょう。

女性目線でチェック

男性と比べると女性の住宅を選ぶ基準は厳しくなるもの。身に危険が迫る可能性があるため、防犯意識は男性よりも高いのです。帰り道は暗くなっていないか、いざとなったら駆け込めそうなお店や交番はあるかなど、防犯面に力を入れてチェックしましょう。

昼と夜の違いをチェック

夜は騒がしいけれど昼は静か。逆に昼は騒がしいけれど夜は静か。と、夜と昼で地域の顔は異なります。顔の違いに合わせて、アパートに住んでもらいたいターゲットを決め、設計を考えるのも失敗しないアパート経営のコツです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営に失敗した人の体験談とは?
建築コストが高い
立地があまりに悪い
利回りしか見ていない
ローン返済の金額が高い
入居者管理ができていない