開く
閉じる
 

鹿児島県

こちらのページでは、鹿児島県内でアパート経営について検討している方に向けて、県内の不動産に関する情報やエリアの特徴などをご紹介しています。候補地選びの参考などにしていただけましたら幸いです。

鹿児島県の概要

鹿児島県は、九州の最南部に位置する県です。

地理の面で特徴的なのが、鹿児島腱のシンボル・桜島。火山灰対策が住民の課題となっているエリアもありつつ、地元の人々の間では名物となっています。

また、サツマイモや黒豚が名産で、サツマイモを使った焼酎造りも非常に盛んです。

3つの気候が混在する県

鹿児島県は、3つの気候帯が存在する、非常に珍しい地域となっています。温帯から亜熱帯にまたがる温暖な気候ながら、冷温帯になる地域もあります。

また、全国的に見ても雨の多い地域であることも特徴のひとつ。アパート経営を考えるのであれば、気候についても考慮する必要があるかもしれません。

土壌は確認する必要あり

鹿児島県は火山灰が降り注ぐことから、土壌も火山灰砂を含有する「シラス台地」と呼ばれる地質になっているところがあります。

場所によっては土壌の強度が足りず、建築には不向きなところもあるので、アパート経営の際に土地から探す必要があるときには、土壌についての調査をしっかりと行う必要がありそうです。

安定した経営を考えるなら、鹿児島市がおすすめか

鹿児島市の基準地価は全国平均の真ん中程度になっていますが、県内で見ると鹿児島市が図抜けて地価が高く、その他の地域の4倍以上となっています。

地価も上昇傾向にあるので、これから鹿児島県内でアパート経営をしていくのであれば、鹿児島市を基準に考えていくのがいいでしょう。

ただ、鹿児島市の近隣で条件のいいところが見つかる可能性もあるので、視野は広めに持っておくことをおすすめします。

鹿児島県でアパート経営を行なうには

鹿児島市でアパート経営を考える際、特に桜島の影響があるエリアならば、立地だけでなく土壌の問題も念頭に置く必要があるでしょう。

ただ、特に県外の人であれば県内特有の事情を察知するのは難しいでしょう。そうした点を踏まえれば、物件探しの際は地場の建築会社に相談し、適した場所や広報などを提案してもらうといいでしょう。

また、そうした建築会社は、地元でメリットの大きい土地の情報を持っていたり、県内の事情に明るい不動産会社とのコネクションがあったりするものです。そうした会社を頼るのは、将来的な経営を見据えても大事なことでしょう。

鹿児島県の「変形地」事情

九州南端部に位置する鹿児島県は、通年、噴火と収束を繰り返して活発な桜島をシンボルに、薩摩半島・大隅半島の二つの半島、さらには種子島、屋久島、奄美大島など中小の離島で成り立つ地理的条件が特徴です。

火山地域の九州を象徴するようなエリアであり、県全土が火山灰堆積物に覆われ、そのうちの半分は火山灰のシラス台地となっています。山脈と河川の多さが目立ちますが、限られた範囲に平野部も散見され、都市部で多く見られる狭小地も少なくありません。

では、鹿児島県の変形地を売却・活用する方法について紹介しましょう。

「変形地」の売却方法

最初に、鹿児島での変形地の売却方法のポイントをお伝えします。

変形地を専門にしている買取業者に相談

山脈の多い鹿児島では、変形地として傾斜地が多いのですが、傾斜地は平野部の整形地に比べて売却が難しいため、通常の方法では埒があきません。

そこでおすすめできるのが、変形地を専門にしている買取業者に相談することです。

変形地専門の買取業者なら、売却が可能になるだけでなく、敷地の一部だけ売却したり、周囲に知られずに売却したり、スピーディーに売却できるなど、希望に合わせた取引を選択できます。

鹿児島にも変形地に強い買取業者がいるはずなので、まずは探してみましょう。

隣接地の所有者に相談する

変形地の売却先としては不動産会社も有力ですが、その前に、隣接地の所有者に相談する方法もあります。なぜなら、隣接地の所有者も同じように変形地の問題を抱えていて、隣地を買い取って整形地にしたいと考えているケースが少なくないからです。

周囲の隣地の調査を行い、このような状況に該当するなら、思い切って売却を相談してみる価値はあるでしょう。仮に隣接地の所有者の同意が得られた場合、変形地の売却は不動産会社に依頼するより早く進む可能性があります。

分筆し整形地として売り出す

不整形地はなにもしなければ不整形地のままですが、分筆を行うことにより、片方の土地を整形地にすることができます。そして整形地として生まれ変わったその土地は、分筆前と比べて売却しやすくなるでしょう。

もう片方の土地は変形地のまま残り、高く売ることはできませんが、その分、整形地として売り出した土地に関しては高値売却が期待できるでしょう。

この分筆による変形地の売却は、対象の土地が相応の広さを有する場合に有効です。

「変形地」の活用方法

続いて、鹿児島で変形地を活用する方法について考えてみましょう。

駐車場として土地を活用する

変形地の活用方法の中で代表格といえるのは、月極駐車場やコインパーキングなど駐車場の経営です。

駐車場経営には立地条件やニーズの確保が必要ですが、三角地や旗竿地など土地形状は関係なく、車一台停められるスペースさえあれば変形地でも活用できます。

活用方法としては、前述した月極駐車場やコインパーキング(時間貸し)、さらには特定の人に貸し出す方法もあるでしょう。

駐車場経営は高度な設備を必要とせず、参入しやすく、需要さえあれば安定収入が得られるので、土地活用の初心者にはおすすめです。

トランクルームを経営する

土地形状に左右されない土地活用方法としては、トランクルーム経営もあります。トランクルーム経営とは、港で使用されているコンテナのような物置を敷地に設置して、利用者から賃料を得るビジネスです。

駐車場と同じく、コンテナと車一台が出入りできるスペースがあれば十分で、狭小地や変形地でも経営することができます。

また、アパートやマンションのように建築費用を必要とせず、比較的リーズなるな初期費用でスタートできるのもメリットです。

収納庫ビジネスは都市部で需要が高いといわれているので、当該エリアに変形地を所有している方は検討してみましょう。

狭小アパートを建てて活用する

狭小地の土地活用なら、アパート経営も有効です。こう言えば驚かれる方もおられるかもしれません。なぜなら、狭い土地にアパートを建てるのは難しいという先入観があるからです。

確かに以前はそうでしたが、今は建築技術が飛躍的に進歩しており、20坪以下の狭い土地でもアパートを建てることができます。

都市部に住んでいるなら、住宅街を歩いてみてください。きっと多くの狭小アパートを散見することができるでしょう。

狭小アパートは普通のアパートやマンションに比べて家賃を抑えなければならず、収益率は決して高くありませんが、立地条件が良く需要の見込める場所で運用することにより、長期にわたって安定収入が得られます。

建物を建てる初期費用がかかるなど、リスクも少なくありませんが、選択肢の一つに加えておいてもいいでしょう。

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

九州・沖縄でアパート経営をお考えの方へ
福岡県
長崎県
大分県
宮崎県
佐賀県

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

  • ローコスト高利回り
    メーカー
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 知名度の高い
    住宅メーカー
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイナーズ
    アパートメーカー
    GIFT
    引用元:GIFT公式サイト
    https://www.prima-apartment.com/

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較