開く
閉じる

【土地活用比較】アパートvs自動販売機

収益が少なく土地活用としての人気はあまりない「自動販売機ビジネス」。しかし、実は自動販売機ビジネスは大きな市場なのです。ここでは、他の運営方法と比べた時の自動販売機で土地を活用するメリット・デメリットや、土地活用方法としてメジャーな賃貸経営と比べた時の違いなどをまとめてみました。

自動販売機ビジネスとは?

あまった土地に自動販売機を置くだけの土地活用方法「自動販売機ビジネス」。大きな収益は望めないと言われていますが、置く場所によっては月に数百万円を稼ぐ自動販売機もあるとか。自動販売機の市場は約5兆円と大きな市場で、常に需要のあるビジネスなのです。

始め方は2パターンあり、1つは土地のオーナー自身が自動販売機の設置から商品の補充まですべて行う方法。もう一つは、土地だけを貸し出して、設置や補充などの管理面はすべて管理会社に任せるという方法です。

多くのオーナーは、後者の管理会社へ委託する方法を選んでいます。もちろん自分でやるほうが、自動販売機の売り上げをすべて自分のものにできますが、手間がかかり管理しきるのは難しいもの。管理会社に委託すると売り上げの80%ほどが管理会社のものとなりますが、手間をなにもかけずに月数千円の利益を得られます。

自動販売機ビジネスのメリット

自動販売機ビジネスのメリットは「始めやすい」「転用しやすい」という点があります。

始めやすい

自動販売機ビジネスは、自動販売機を設置するだけで始められます。また、自動販売機を設置する会社を利用するのであれば、土地柄に合わせて設置する場所や飲み物の種類を提案してくれるので、こちらで何か考える必要や手間は基本ありません。土地を貸し出し、電気量を負担するだけで始められます。

転用しやすい

自動販売機は設置も取り外しも簡単です。アパートを建てたり、テナントビルを設置したりすると取り壊しの工事など大規模な撤去作業と費用がかかります。それらの手間と比べると自動販売機ビジネスは比較的撤退しやすい土地活用方法なので、この土地ではうまくいかないとわかった時点ですぐに撤退するといった判断ができ、次の土地活用方法に移れるのです。

自動販売機ビジネスのデメリット

自動販売機ビジネスのデメリットは「収益が少ない」という点があります。

収益が少ない

自動販売機ビジネスの平均収益は月に約数千円です。人通りの多い通りに面していたり、近くにコンビニや小売店がなかったりといった、自動販売機が利用されやすい土地であればもっと多くの収益を望める可能性はありますが、そうでない場合は、数円千程度だと考えておきましょう。

アパート経営と自動販売機ビジネスどちらが儲かる?

これまで紹介してきた自動販売機ビジネスと、土地活用の中では主流に入るアパート経営を比較してみました。

  • 自動販売機ビジネス…初期投資は少なく始めやすいが、収益はかなり少ない
  • アパート経営…初期投資はかかるが、定期的に十分な収入を得られる。

当サイトでおすすめしているのはアパート経営です。広い土地でなくても賃貸住宅は今の技術であれば自由に建てられます。東京に土地を持っている人であれば、常に賃貸需要は高まっているので、安定した不労所得を得られるでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較