開く
閉じる
 

【土地活用比較】アパートvs売却

このページでは、土地活用におけるアパート経営と、土地自体の売却を比較しています。一体どのような違いがあるのでしょうか?

見込みのない土地なら売却、少しでも見込みのある土地の活用にはアパート経営がおすすめ!

「余っている土地があるなんて、いいご身分!」、そんな風に冷やかされそうですが、当事者にとっては、意外に厄介な問題です。

放置しておくと固定資産税、都市計画税という税金が課税されるため、出費は嵩む一方。「それなら土地活用すれば?」という意見があるかもしれませんが、立地によっては「思うほど収益を見込めない」というケースも。またアパート経営など、初期費用が多く必要な方法にリスクを感じる人は「さっさと売却して、スッキリしたい」と考えるかもしれません。

とは言え、土地の売却にも費用はかかります。また測量や購入者募集、売買契約、そして移転登記などの作業が発生するため、個人で作業を進めるのは、事実上不可能です。

果たして今すぐ整理してしまうべきなのか、それとももう一度よく考え、アパート経営で長期活用するのか…、じっくりと検討してみる価値はありそうです。

売却のメリット

ではまず、土地売却のメリットについて考えてみましょう。

まず何と言っても大きいのは、売却によってまとまった現金を得られること。さらに、土地を所有していることによって課税されていた税金の支払いから、解放されることが挙げられます。

また土地活用の際には、多かれ少なかれ、設備投資費が必要となってきます。アパート経営の場合、その金額は数千万円にも及びます。「借金するぐらいなら、売却で得たお金で、何か別の投資を始めたい」と考える人にとって、売却がもたらす心理的メリットは大きいと言えそうですね。

さらに、もし土地が相続で受けた遺産であった場合「現金化で分割しやすくなる」というメリットも考えられるでしょう。

売却のデメリット

売却のデメリットは、本ページの上部で紹介した通り「諸費用がかかる」ことです。

その総額は、驚くほど高額です。まず土地の測量代、そして不動産会社へ支払う費用、そして売却が成立した際には「譲渡所得税」が課税されます。

売却にかかる費用の相場

  • 土地の測量代…3040万円程度
  • 仲介手数料(不動産会社)…取引額の3.35.5%+6.6万円
  • 譲渡所得税…売却価格の1540

特に気になるのは、譲渡所得税です。土地の所有期間が5年以下で、居住用の土地だった場合、売却価格の4割も税金に取られてしまうのですから…。そこに仲介手数料や測量代を加えると、「手元には、売却で得た金額の半分しか残らない」という事態も、充分に考えられます。

せっかくの土地を、その程度の対価で売却して良いものでしょうか?

アパート経営なら、長い時間をかけ、確かな利益を生み出していくことも可能なのです。長い目で見てどちらが得なのか、しっかりと計算してみる必要がありそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

アパート経営とその他土地活用方法を比較
【土地活用比較】アパートvsグループホーム
【土地活用比較】アパートvs土地信託
【土地活用比較】アパートvsサ高住
【土地活用比較】アパートvs駐車場
遊休地の土地活用