開く
閉じる

山梨県

このページでは、山梨県でアパート経営を考えている方向けに、山梨県の概要や各エリアの特徴、人口など、の情報を紹介しています。アパート経営を検討する際の参考にしてみてください。

山梨県の概要

山梨県は中部地方に属する県ですが、東京都や神奈川県に隣接していることもあり「関東甲信越地方」として、関東圏にくくられることもある県です。

海がなく山が多いという立地で、可住地面積は全国45位と非常に低い数字になっています。

甲府市でアパート経営をするには

山梨県の県庁所在地は甲府市。可住地面積が非常に狭いことから、人口、そして住居の数も甲府市に集中しています。

ただ、甲府市自体の物件の空室率は30パーセント近くあり、空室も非常に目立つエリアとなっています。甲府市でアパート経営を行うのであれば、まずはその背景から探っていく必要がありそうですね。

盆地特有の気象条件を加味する必要あり

山梨県は山あいにあり、標高も高いのですが、盆地特有の地形から、夏の気温は平野部とあまり変わらず、特に夏の気温は非常に高くなりがちです。

また、台風の通過経路ということで集中豪雨に見舞われることもあるので、山梨県内で物件を持つのであれば、そうした気象条件を加味して物件を選ぶ、あるいは建築するといった必要性がありそうです。

土地選びは非常に重要

山梨県は可住地面積が非常に少ないということから、アパートを持つエリアについてもかなり限定されることになります。それ故に競争率も高く、既存の物件を持つにしても場所選びが大事になりますし、もしアパートを新築するということであれば、その傾向はさらに強くなります。

場所選びは細心の注意を払い、間違いのないように進めていきたいところですね。

山梨県でアパート経営を行なうには

山梨県でアパート経営をするのであれば、気候の問題は避けては通れません。これから新築物件を建てるのであれば、夏の暑さや冬の寒さ、台風なども考慮した上で、住みやすい物件を建てることが入居者を確保する上で必須となるでしょう。そして、甲府市や近隣の市をリサーチし、その地域で暮らしている人を分析していくことが大切です。働く人、ファミリー層のニーズはどうか、高齢者の分布はどうか、一人暮らしの若者は…などなど。いろいろな面を分析した上で、ニーズにあった建物を用意するようにしましょう。

その際は、地場の建築会社にサポートをお願いするのがおすすめです。地元の事情を踏まえた上で、場所選びからしっかりとサポートしてくれるはずです。

山梨県でおすすめの土地活用

1.賃貸経営

山梨県での土地活用を考えた際、まず候補に挙がるのが、他のエリア同様に賃貸住宅の経営になるのではないでしょうか。人の集まるエリアに土地があるのであれば、新しいアパートやマンションを建てることで入居者を確保し、毎月安定した家賃収入が得られるようになります。

その際に大事なのは、やはり立地。周辺の環境がいい、駅へのアクセスがいい、といった条件のそろっている土地であれば、そこに住みたいというニーズも多いでしょう。

山梨県の賃貸住宅の事情を見ると、県庁所在地である甲府市が物件数では群を抜いて多いのですが、空室率も30パーセント近くあるようです。空室率の多いエリア、その理由などを分析していくことで、どのような物件にニーズがあるのかが見えてくるかもしれません。

また、郊外に土地があるのであれば、車を持つファミリー世帯などを対象に、一軒家を貸し出すという方法もあります。ファミリー層は近隣に迷惑がかかりかねない集合住宅よりも戸建てを好む傾向があり、駐車場つきの物件であれば追加の契約もなく、便利に使えることでしょう。また、ファミリー層は比較的長期の契約になる傾向があるので、安定した運営も見込めます。

2.サービス付き高齢者住宅

山梨県は2017年の段階で高齢者率が30パーセント近くあり、2045年には40パーセントを大きく超えてくると予想されています。世の中が超高齢化社会へと向かっていく中で、注目を集めているのがサービス付き高齢者向け住宅です。

サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者の住みやすさを考え、バリアフリー構造を整えた賃貸住宅です。政府からの補助金や優遇制度がある上、相続税の節税対策にもなる上、なにより地域に対する大きな社会貢献を果たせます。将来を見据えれば、非常に有意義な土地活用方法だと言えるでしょう。ただし、運営にはまとまった額の投資が必要になる上、一度サービス付き高齢者向け住宅を作れば、他の用途への転用も非常に難しくなります。運営開始については、さまざまな観点から判断するべきでしょう。

3.有料老人ホーム・障がい者向け施設

郊外に大きな土地を持っているものの、利便性があまりよくなく、活用方法に困っているということであれば、有料の老人ホームを建てるというのも選択肢の一つとなります。前述の通り、今後日本は超高齢化社会となっていき、それは山梨県でも例外ではありません。そうした世情を鑑み、今の時点から施設を立ち上げておくことは、長期にわたって利用者を確保でき、安定して運営につなげていけると言えます。

また、障がい者向けの施設についても、近隣のニーズがあるのであれば、一考の余地があるでしょう。リサーチが大変ですが、役所などに相談をすれば、いろいろな情報を提供してくれるはずです。

そして、これらの施設は社会貢献の側面が強いので、行政などの支援も期待できます。ただし、一度始めたのであれば、数十年単位にわたって運営を続けていく覚悟を決める必要があるでしょう。

4.コインランドリー

現在では、単身者向けのものを中心に、コインランドリーが増えてきています。また、郊外では駐車場つきのところも多く、利便性が高くなっています。

近年ではコインランドリーの粗利率が高いことに注目が集まり、参画するオーナーが増えています。自力で立ち上げる、フランチャイズに加入するなど、やり方もさまざまです。コインランドリーはスタートの敷居が低く、その後の維持管理もそれほど手間がかからないとして、土地活用においては人気となっています。

ただし、近隣のニーズを読み間違えると利用率が上がらず苦しむことになるので、周辺環境のリサーチには前もって力をいれるようにしてください。

5.駐車場

駐車場は、土地活用の中でも最も敷居がひくい手法だと言えます。月極駐車場であれば、土地を整備さえすればすぐにスタートすることも可能。ただし、より安定的な運営をしていきたいのであれば、しっかりと整地をするなど準備を整えるべきです。

また、駅の近くなどニーズの見込める場所であれば、コインパーキングにするのも一つの方法。その場合、自分で全てを用意するパターンと委託業者に任せるパターン、どちらかを選ぶ形になります。かけられる労力と利益率を考え、最適だと思える方を選ぶようにしてください。

6.貸事務所・テナント

土地の活用方法としては、住居や施設以外にも貸事務所やテナントとして貸し出す方法もあります。事業用なので、一度そこでビジネスがはじまり軌道に乗れば、長期にわたって利益を得られる仕組みを作れます。その分、貸し出す相手との交渉などさまざまなハードルがありますが、人脈やツテがあるということであれば、一度考えてみても面白いかもしれません。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地狭小地で数百の実績
    高利回りを実現するなら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプランで
    地方の土地を得意とする
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ大手
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較