開く
閉じる

都市部の土地活用

都市部の土地活用をした方が良い理由

都市部の土地を持っている人は、土地活用を検討するのもひとつの手段。土地は所有しているだけで固定資産税がかかります。収入は0円でも、固定資産税は払わなければなりません。

せっかく土地を所有しているのであれば、土地活用をした方が収入も得られますし、税金対策にもなります。

また、都市部では人口も多く住宅や駐車場などの需要も高いので、収入が確保しやすく経営が安定しやすいというメリットがあります。だからこそ、土地があるならぜひ活用したいものです。

都市部の土地活用をするうえで確認すべきポイント

ここからは、都市部の土地を活用するうえで確認すべきポイントを確認します。土地活用を行う前に、土地の特性や周辺の状況などはしっかり確認しておきましょう。

「これがやりたい」というだけで活用法を決めてしまうと赤字になってしまうことも考えられるため、しっかり現状を確認してから土地活用をする必要があります。

土地の立地

まず、土地の立地や土地の状況を確認しましょう。土地と言っても、自分が所有している土地がどのくらいの広さなのかによって可能な活用方法が変わります。

例えば、あまり広くない土地に駐車場を作っても、利用できる人が少ないため収益率が悪くなりがちです。一方、狭い土地に建物を建築する場合には階数を増やすなど、土地の広さに合わせて計画を立てることができます。

また、土地の形状も考慮すべきです。長方形の土地であれば使い道はさまざまですが、L字型の土地や三角形の土地だと活用方法が限られてきます。

そのため、あらかじめ土地の形を把握して活用方法を検討しておく必要があります。また、日当たりも注目すべきです。

特に住宅を建設して経営する場合には、日当たりの良さによって入居率が変わってきます。入居するかどうかを考えるときの基準として日当たりを挙げる人は多くいます。

一方で、自分が所有している土地に日当たりのよい住宅を建てられるとは限りません。目の前に大きな建物があれば日当たりは悪くなりますし、もともと日当たりが悪い場所である可能性もあります。

日当たりが悪い場所に建物を建てるときには、光を取り入れやすいデザインにするなどの工夫が必要です。

このように、事前に土地の立地を確認することでより良い土地活用の方法を考えることができます。

土地の周辺状況

土地の周辺状況も確認しておく必要があります。どのような活用法を選ぶにしても、周辺状況について把握しておくに越したことはありません。

賃貸住宅を建設する場合などには、駅から近いかどうかで入居率がガラリと変わります。駅に近いと交通の利便性が高いので、学生や会社員の需要があります。

需要が高いと空き部屋が少なくなり、安定して収入を得られます。また、公園が近いと家族の入居者にアピールすることができます。

子どもがいる家族であれば、公園で遊ぶ環境があることを条件としている人もいるため、公園の近くという立地がメリットになることもあります。

さらに、飲食店やスーパー、コンビニなどが近くにあるかどうかも重要です。特に一人暮らしの人や大学生などはすぐに買い物ができるコンビニやスーパーが近くにあることを重視していることが多いからです。

あまりにも飲食店が多いと騒音の問題なども起こりますが、その場合は駐車場にするなどの活用法に切り替えることで、メリットに転じます。

土地の法規制

土地活用をする前に、土地の法規制についても知っておきましょう。特に、土地の使い方に関する規定「用途地域」を知っておくと、土地活用の助けになってくれます。

用途地域は、都市計画法に基づいて定められている建築基準法令に規定されているものです。この中では、大まかに住居・商業・工業といった種類があります。

例えば、住民地域であればコンビニなどを建設できない場合があります。自分が所有している土地のある場所が、どの建物なら建てることができるのかを確認するためにも、ぜひ一度は目を通しておきましょう。

地域に合わせて活用法を考える

ここからは、自分の所有している地域に合わせた活用法をご紹介していきます。

住宅街・大学周辺なら賃貸住宅

自分の所有している土地が住宅街・大学周辺にあるのであれば、賃貸住宅を経営する手があります。住宅街のある場所は、そこに住みたい人が多いから住宅街になっています。そこに賃貸住宅を建設すれば、入居者が入ってくれる可能性が高くなります。

また、大学が周辺にある場所であれば、大学生が入居してくれる可能性が高まります。特に新しい物件やデザイン性が高い物件であれば大学生の需要は高いので、賃貸住宅を検討してみても良いでしょう。

また、学生限定賃貸住宅にすることで、定期的に大学生が入居してくれるようになります。大学の存在に依存することはリスクではありますが、経営方法としては1つの手です。

繁華街ならオフィスビル

繁華街であれば、オフィスビルを建設する手もあります。駅前などアクセスがしやすい場所では、オフィスとしての需要が高まるからです。

企業オフィスは頻繁に引越しをしないので、長期間借りてくれます。そのため、長期的に賃貸収入を得ることが可能です。景気が悪くなると空室ができることもある点や管理費がかかるという点がデメリットですが、現在では会議用のオフィスを経営するという方法もあります。時間単位でオフィスを貸し出すことで、空室を作らないという方法です。

また、フリーランスの人を中心に需要が高まっているコワーキングスペースなど仕事でオフィスをレンタルするサービスの需要は高まっています。

自分が所有している土地の周辺にオフィスビルが少ないという場合には、オフィスビルの運営も検討してみてはいかがでしょうか。

駐車場の需要が高い場所なら駐車場

商業施設の周辺やオフィスビルが多い地域では、駐車場の経営を行うのも良いでしょう。都市部では、商業施設やオフィスビルが多い場所では、駐車場が不足していることも多いからです。

そのため駐車場の需要は高く、安定して収入を得ることも可能です。ちなみに、駐車場には時間で金額を決定する方法と月々で金額を設定する方法があります。

短時間駐車場を利用する人のニーズが多ければ時間単位で金額を設定し、日頃から駐車する人が多い場所では月々の金額を設定するなど、ニーズに合わせた工夫が必要です。

駐車場の金額などを、立地に合わせたニーズに沿って参考に設定することで、収入を増やすことにつながります。周囲に駐車場が多い場合は、他の駐車場の料金形態を参考にするのも良いかもしれませんね。

まとめ

ここまでで、都市部の土地を活用する方法について解説してきました。都市部は人口も多いですし、土地の活用は比較的しやすいと言えます。

その分、土地の立地や形状・周辺の環境など確認すべきポイントが多くあるので、しっかり確認すべきところは確認して、土地をうまく活用するようにしてください。都市部の土地は活用方法が幅広いため、どうしても難しい場合は専門家の意見を仰ぐのも一つの手でしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較