開く
閉じる

三重県

このページでは三重県でアパート経営をしたい方向けに、三重県の賃貸経営事情やアパート経営を行うために抑えておきたいポイントや注意点について紹介しています。

三重県の概要

三重県は中部地方に属し伊勢湾に面する人口総数約180万人を擁する地方公共団体です。主要都市は県庁所在地の津市を筆頭に、四日市市、鈴鹿市、伊勢市、松阪市、桑名市などがあります。

西日本と東日本の境目に位置する三重県は交通の要衝地であり、JR東海の関西本線やJR西日本の関西本線、近鉄線、JR草津線、養老鉄道などが縦横し、バス・フェリーなどの公共交通機関の充実と合わせて、交通の利便性の高さが光ります。

また、伊勢神宮などの歴史観光スポット、名所、旧跡なども多く、文化財や歴史遺産も多数。さらに伊勢湾や太平洋にも接しており、多くの河川に恵まれるなど、自然環境も豊かです。文明の発達と自然が上手くバランスして成り立つ、理想的な地域といえるでしょう。

主要都市を中心に広域にアパート投資のチャンスあり

三重県のアパート賃貸経営で有利なのは、なんといっても人口が多く交通の便が良いエリアです。人口でいうと、四日市市(約31万人)と津市(約28万人)、鈴鹿市(約20万人)、松阪市(約16万人)、桑名市(約14万人)、伊勢市(約12万人)などです。

沿線から見ると、JR関西本線や近鉄各線、JR紀勢本線、伊勢鉄道などの沿線では賃貸物件の供給数が多く、安定した賃貸需要があります。また主要都市ほどではなくても、伊賀市(約9万人)や名張市(約8万人)のように人口的に底堅い地域もあり、アパート投資のチャンスが広域に存在します。

シングル向けなら学校が多い津市が有利

単身の学生をターゲットにシングルタイプのアパート経営を三重県で企図する場合、県庁所在地の津市はその筆頭格に挙げられるでしょう。なぜなら、津市には三重大学や三重短期大学に代表されるような大学、教育機関が集まっており、さながら学園都市の様相を呈しているからです。

加えて、単身生活には欠かせない24時間営業のスーパーなども多く点在し、シングル生活には便利な環境を整えています。

北勢エリアの賃貸経営も大変有望

三重県の政治、商業、教育の中心は県庁所在地の津市や松阪市など中勢エリアですが、職場の多い地域としては、四日市市や鈴鹿市など北勢エリアも負けていません。特に四日市市は工業や製造業が盛んであり、輸送需要が絶え間ないことから各種交通網が発達しており、エリア内の住宅需要も比較的安定しています。

大都市・名古屋に近いことを考え合わせても、北勢エリアでの賃貸経営は大変有望といっていいでしょう。

三重県でアパート経営を行なうには

三重県でアパート経営を行うときは、前出のエリアごとの特徴や交通事情、人口事情に合わせて、三重県独自の規制や制度にも留意する必要があります。

例えば三重県には、建築物を建てる際に届出が必要な「三重県景観計画に基づく届出制度」や、中高層建築物における高さ制限、共同住宅を建設する際の中間検査、「用途地域の指定のない区域」における建築形態制限など、自治体独自の規制や制限があり、それぞれの規制や検査をクリアしなければ、アパートの経営はおろか建築すら覚束ない仕組みになっています。

従って三重県でアパート経営を行うときは、地域事情を十分に把握すると同時に規制や制限への理解も深め、なおかつ、地域情報に明るく関連制度に詳しい業者にアパートの建築や管理を依頼することをおすすめします。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較