開く
閉じる

長野県

このページでは、長野県でアパート経営を考えている方に向けて、長野県の特徴やエリア・人口の情報について紹介しています。アパート経営を検討する際の、材料の一助にしてみてください。

長野県の概要

長野県は中部地方に属する県。海がない内陸県で、群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・新潟県と、8県と隣接しています。山岳地帯が多く、可住地面積の割合は全国的にも低めとなっているので、アパート経営をする際には、土地選びがまず重要になってくるでしょう。

長野市と松本市、どちらを選ぶか

中部・北陸地方の県では、県庁所在地のある都市が県内で抜けて栄えている、というところが多くなっていますが、長野県に関しては県内に長野市と松本市という二つの大きな市があるのが特徴です。長野市は北信地方、松本市は中信地方に属しており、エリアも違ってくるので、まずはどちらのエリアでアパート経営をするのかを選ぶところからスタートになるでしょう。

長野県内における空室の理由は

長野県内において、賃貸用物件の数は長野市、松本市に集中しています。両市で県内の物件の8割以上を占めているというほどですが、空室率も長野市で22パーセント台、松本市で24パーセント台と、県内平均は下回るものの、それなりの数字を記録しています。なぜ空室が多いのか、という点を分析していけば、人が定住する物件経営のヒントが得られるかもしれませんね。

夏の夜は涼しいが、冬は寒い

長野県における可住地面積は狭く、盆地部分に集中しています。そのため、都市も盆地部で栄えてきました。盆地の気候として夏は熱気が、冬は冷気が集中するというところがありますが、夏は日中こそ暑いものの、夜になると比較的涼しくなり、熱帯夜などは少ないそうです。また、冬場は厳しい寒さになるということなので、物件もそうした気候を加味した造りにしていく必要がありそうです。

長野県でアパート経営を行なうには

長野県のアパート経営においては、場所選びが非常に重要になりそうです。どの市で経営をスタートするのかによって、求められる条件は変わってくるでしょう。そうしたことに対応していくためには、地元の業者のサポートを得て、場所選びから物件建築・リフォームに至るまでを進めていくといいでしょう。地元の情報を持つ業者というのは、非常に心強いものですからね。また、そうした業者は入居者募集についても力になってくれるかもしれません。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地の対応も得意!
    企画力なら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較