開く
閉じる

高低差がある土地を活用・アパート経営

高低差

このページでは、高低差がある土地や、段差がある土地の活用法について考えています。

高低差のある土地や段差がある土地とは

土地の基準になるのが「道路」。道路よりも高い位置にある土地なのか、低い位置にある土地なのかによって、建物の建て方も変わります。

高低差のある土地を活用しようとした場合、どのような問題が生じてくるのでしょうか。以下に見ていきましょう。

高低差のある土地のデメリット

高低差のある土地は、活用する場合に以下のようなデメリットがあると考えられています。

  • 建物を建てる際に、平地より造成費や擁壁費が嵩む。
  • 地盤の固さが均一でないと、建物が傾くなどの心配がある。

高低差のある土地に建物を建てようとする際は、基盤の部分に関し、平地より神経質になる必要がありそうです。

これらのデメリットを見ていると「こんな土地は、活用が難しいかも…、いっそ売却してしまおうか」と考える人がいるかもしれません。しかし、以下のようなメリットについても、知識を深めておく必要があります。

高低差のある土地のメリット

高低差のある土地は活用する場合に、以下のようなメリットがあると考えられています。

  • 市場ではあまり高く評価されないため、固定資産税などの評価額も低く抑えられる。
  • 土地の形状を活かしながら、駐車場や地下室などを設置することも可能。

いかがでしょうか?「段差のある土地だから」というだけで活用をあきらめてしまうのは、もったいないという気がしますね。

こんなにある!高低差のある土地の活用法

以下に高低差のある土地の活用法を紹介しますので、ぜひ内容をチェックして下さい。

賃貸住宅経営

アパート、マンションを建設し、運営していくのが賃貸住宅経営です。高低差のある土地では、駐車場や地下室の設置など、アイディア次第でユニークな個性を持つ物件の建設が可能となります。

アパートやマンションなどの「共同住宅」ではなく、テラスハウススタイルの「重層長屋」を目指すと、土地の形状が活きてきそうですね。

駐車場やトランクルーム経営

変形地でもできる、代表的な土地活用法です。駐車場は基本的に土地を整地さえすれば、建物を建てる必要もないので、初期投資をグッと低く抑えることができます。

またトランクルームはコンテナ型であれば初期費用を非常に低く抑えられるほか、高い利回りも期待することもできそう。

ただしこれらの方法で高低差のある土地を活用しようとする場合、却って造成費が嵩んでしまうという可能性も。プロによく相談したうえで、経営を検討するようにして下さい。

その他の方法

自動販売機やコインロッカー、そして広告看板の設置なども、変形地で行える土地活用法です。ローリスクローリターンな方法ですので、駐車場経営などと併用すると、良いかもしれません。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較