開く
閉じる

大阪府

このページでは、大阪府でアパート経営を行うのに欠かせない情報や注意点について解説しています。大阪府で有効な土地活用をしたいと思う方は、ぜひ参考になさってください。

大阪府の概要

大阪府は、東京に次いで日本で2番目に大きな都市です。産業は決して多くありませんが、古くから商業が盛んな地域であり、現在もビジネスや経済活動が活発に行われ、独自の文化や伝統、有名な観光地も多く、1970年には大阪万博、2019年にはG20の開催地になるなど、国際的な知名度の高さも十分です。

人口は令和元年12月1日現在で総数が8,825,588人、市区町村別で最も多いのは1,440,855人を誇る大阪市、次いで堺市(359,926人)、東大阪市(230,494人)、豊中市(177,155人)、吹田市(176,470人)、枚方市(172,015人)、高槻市(151,009人)と続きます。大阪市以外で人口10万人を超える街が9つもあり、東京に次ぐ人口密度の高さも大阪府の特徴となっています。

日本有数の人口密集地で、アパート経営はしやすい

近年の人口動態から見て、大阪府は土地活用やアパート経営に適した環境を整えていると言っていいでしょう。なぜなら、人口数は依然として日本第2位(令和元年12月1日現在で総数8,825,588人)であり、日本全体では人口減少の中、2000年以降は微増が続いており、しかもマンション、特にワンルームマンションへの需要が多い20~24歳の若年層の転入が多いからです。

こうした人口事情が続くと仮定すれば、大阪府では他地域に比べてもより安定的なアパート経営が行えるでしょう。

都市再開発やインフラ整備など将来性も高い

安定したアパート経営を行うためには、当該地の将来性が高くなければなりませんが、大阪府はその点でも都心部を中心に期待を持てる状況にあります。なぜなら、JR大阪駅北側で見られるような都市再開発やイベント誘致、カジノ誘致、リニア新幹線の開通など、今以上の巨大経済圏化を目指した開発やインフラ整備が積極的に行われているからです。それらによる経済効果は計り知れないものとなるはずで、当然ながらアパート経営など不動産投資にも多大な恩恵をもたらします。

安定的な地価の状況は土地活用がしやすい

土地活用を伴うアパート経営の難しいところは地価の動向ですが、大阪府はその点でも有利な状況にあります。というのは、大阪の地価は現在、上昇基調にあるものの、その伸び方は極めて穏やかであり安定した推移を見せているからです。

そのため初心者でも土地の買い時を間違えることなく、安全なタイミングで購入することができ、安定的なアパート経営に繋がることはもちろん、将来的な値上がりを期待することもできます。

このように、大阪府では地価の安定した動向から見ても、土地活用を行いやすい環境にあるといえるでしょう。

大阪府でアパート経営を行なうには

大阪府でアパート経営に乗り出すときは、次の2点に留意しましょう。

1点目は、大阪府ならではの集合住宅に関する規制や制度が存在することです。

例えば、大阪市では「大阪市ワンルーム形式集合建築物に関する指導要綱」という規定が設けられており、「住戸の専用面積は18 ㎡以上」や「居室の天井の高さは3 m以上」など、具体的な整備や管理に関するルールを定めています。

また「大阪市共同住宅の駐車施設に関する指導要綱」という規定もあり、建築者はこの要綱に定められた駐車施設の指導基準を満たさなければなりません。

2点目は、アパートの建築会社を選ぶとき、建てるだけでなく運用することも視野に入れた上で、また前出の規制制度を遵守できるかどうかについても慎重に精査しながら、ふさわしい業者を選択する必要があるということです。

建築会社は大手企業か地域密着型企業を選ぶことになりますが、双方に特徴やメリット・デメリットがあるので、そうした点を総合的に考慮しながらベストな業者を選択できるようにしましょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較