開く
閉じる

茨城県

このページでは、茨城県内でアパート経営を検討している方に向けて、さまざまな情報を提供しています。実地調査などももちろん大事ですが、前もって情報を仕入れておくことも、必ず役に立つはずです。ぜひ、チェックしてみてください。

茨城県の概要

茨城県は、農業や漁業などが盛んで、かつ製造業の工場や倉庫なども多い県です。首都圏に食料を供給する、非常に重要な役割を担っていると言えるでしょう。新線や圏央道開通などで、特に南部は近年非常に活気があるとされています。また、交通の便がよく、自然も多いことから、観光客も非常に多くなっています。また、近年では海外からの観光客も増加傾向にあるそうです。「特徴がない」と言われることもありますが、それは何かに突出せず、全体的にバランスがいいことの表れと言えそうです。

地価は県庁所在地より高いところがある

通常、県の地価を見ていくと県庁所在地がある市が最も地価が高いことが多いのですが、茨城県の場合は県庁所在地である水戸市は3位。その上に、1位・守谷市と2位・つくば市があります。県南の守谷市は、柏市や野田市など、千葉県の主要な都市と近く、アクセスの良さが人気となっているようです。また、つくば市は学術都市として全国的に有名。そうしたニーズが、地価にも表れていると言えそうです。

狙い目は、つくばエクスプレス停車駅付近?

地価が上昇する、すなわち住居として人気のあるエリアの特徴に、「都心へのアクセスがいい」という条件があるのはもはや定番となっています。その中で、茨城県と東京都を結ぶ「つくばエクスプレス」は、東京・秋葉原まで1本で行けるということで、非常に人気のある路線となっています。地価が上がっている守谷駅、つくば駅などもこの条件に合致しますが、他の駅でも狙い目のところがあるので、チェックしていくといいでしょう。

「立地適正化計画」に注意

茨城県内では「立地適正化計画」が進んでいる地域があります。これは、人口減少、高齢者の割合増加などで行政のサービス予算が減っていくことに伴い、行政サービスを受けられるエリアを限定しようという動きです。このエリアの外に住んでいる人は行政の支援を受けられなくなるため、必然的に人気は下がっていくでしょう。この動きは、水戸市や土浦市、牛久市などが進めているとのことなので、不動産を所有する際は、その動きにも注意をしていくべきです。

茨城県でアパート経営を行なうには

茨城県では明確に、地価の上昇・下落傾向が見て取れると言えそうです。これから茨城県内でアパート経営に乗り出すのであれば、場所をどこにするか、というのは大きな問題になりそうです。アパートは、簡単に場所を移すことなどできません。そのため、前もっての調査や分析が非常に重要になるのです。こうしたことは素人が手を出してもうまくいかないことが多いので、専門業者など、確かな知識や情報を持つところを頼るようにするといいでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地の対応も得意!
    企画力なら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較