開く
閉じる

アパート経営とその他土地活用方法を比較

このカテゴリでは、アパート経営とその他の土地活用方法を比較しています。

メリット デメリット
アパート 戸数分のリスク分散が可能 空室リスクが高い
マンション 区分所有も可 空室リスクが高い
駐車場 初期費用が安い 収入が低い
売却 まとまった現金がすぐ得られる 課税や諸費用で手元に残る額が少ない
トランクルーム 初期費用が安い 集客が難しい
太陽光発電 安定した利回り 土地を選ぶ
サ高住 援助を受けやすい 自身が経営にタッチできない
戸建て 初期費用が安い 空室リスクが高い

土地活用方法の選び方

土地活用の方法は種類が多すぎてなかなか決められないものです。「できれば初期費用がかからないものがいい」「安定感のある収入になればそれでいい」と人によっても、気になる点やこだわりたい点は異なるでしょう。

ここでは、費用で選ぶ場合、リスクの小ささで選ぶ場合と、それぞれのこだわりにあった土地活用方法の選び方について紹介しています。

費用・予算で選ぶ場合

予算や初期投資を抑えたいなら、建物を建てる土地活用はあまり向いていないでしょう。土地をならして、アパ―トかマンションか、商業施設や老人ホームなのかを決めて、建物を建てるまでに数千万円はかかるものです。税金対策としてちょっとした収入があれば十分という場合は、手早く小資金で始められる駐車場経営やトランクルームなどが手をつけやすいです。

ただ、駐車場経営やトランクルームは始めやすいぶん収益性はかなり低いので注意。

資金回収期間や転用性で選ぶ

住宅の賃貸経営の場合、基本的な利回りは10%程度と言われています。つまり1000万円の費用がかかったとすると、年の改修は100万円。10年間でかけた資金を回収できるという計算です。不動産投資の世界は10%が及第点となっているのです。ただ、古い家で修繕が何回も必要になったりすると、運用コストがかかってしまうので注意が必要です。

太陽光発電は電池を立ててしまえば、運用コストがほとんどかからないので、利回りはそのまま回収期間に反映されます。ただ、一度立ててしまうと、取り除くまでが大変なので、回収するまでの10年程度はほかの使い方へ転用がしづらいでしょう。また、コインパーキングやトランクルームは稼働の仕方によっては利回りを高くキープできるかもしれませんが、フル稼働は基本的に難しいと考えておきましょう。

住宅であれば、賃貸・売却・自己活用としても切り替えられるので、転用性は抜群です。

リスクの小ささで選ぶ

一番リスクがないと言えるのは、土地を活用しないという方法です。土地を売ってしまえば、安く売れる可能性はあっても損するリスクはありません。また、自宅用として自分で使う場合もリスクはありません。ただ、このページを見ているということは、基本的には不労所得を得て、働かずに土地に稼いでもらいたいという考えを持っている人でしょう。土地は活用してこそです。

「土地を活用するならある程度のリスクはあるもの」。それを再認識したうえで説明すると、リスクが少ないのは初期投資が少ない、平面の駐車場経営や太陽光発電などがあたります。反対に初期投資のかかる建物を建てる土地活用は、リスクがあると考えるのが妥当でしょう。

しかし、リスクは初期投資だけではありません。収益性が低かったり、売却しにくさもリスクの一つです。自分の土地のニーズに合わせて、リスクの高さは変動するため、土地のニーズを理解することが重要です。

収益性で選ぶ

土地活用の収益性を考えたとき、家賃収入が主なリターン元として挙げられます。家賃収入を得られるのは主にアパートやマンション経営、店舗併用住宅やサービス付き高齢者住宅ですが、収益性に違いがあります。

店舗と住宅の両方から家賃収入を得られ、うまくいけば売上の収入も得られる店舗併用住宅は、高い収益を得られる可能性があります。マンションは、アパートよりも住宅設備や仕様のグレードを上げれば家賃を高く設定でき、収益を得やすいでしょう。

ですが、店舗併用住宅やマンションは立地に大きく影響されます。サービス付き高齢者住宅は立地条件こそ重視しなくて良いものの、用途が限定される建物となり転用性がありません。

アパート経営にも空室リスクはついてまわります。しかしマンションよりも初期費用を抑えられる点や維持費のかかる住宅設備が少ない点からみると、アパートのほうが投資効率に優れていると言えますし、空室がでた場合の赤字額を抑えることにもつながります。

リターンの大きさだけでなく、初期投資時のリスクや今後発生し得るリスクも想定したうえで土地活用方法を選ぶことが大切です。

相続対策として選ぶ

何も建物が建っていない土地と建物のある土地を比較した場合、建物が建っている土地のほうが相続税の対策になります。

相続税の評価減を受けるには「小規模宅地等の特例」「貸家貸付地の評価減」「貸家の評価減」を受ける方法が一般的です。

小規模宅地等の特例では、宅地面積に対して80%の評価減をするもの、貸家貸付地では貸家の敷地を特定の割合で評価減、貸家の場合、貸家が評価減の対象となります。

これらをすべて備えているのが賃貸経営全般です。相続資産額を土地と建物に換えることで、資産の価値を損なわずに相続税評価額を大きく下げることができます。

自宅の場合も小規模宅地等の特例を受けられますが、減額を受けられるのは、被相続人が住んでいた土地であることや、相続前に被相続人と同じ財布で生活していた親族であることなどの条件があります。

例えば現金を相続する場合、宅地、貸家の敷地、貸家すべてを満たしているアパート経営は、建築や管理運営がしやすいことから効率的な対策と言えます。相続税対策として土地活用を考えている方は検討してみると良いでしょう。

実現性で選ぶ

自己使用と売却以外で土地活用を考えたとき、実現しやすい土地活用方法には駐車場と太陽光発電があります。

マンションやアパート経営、店舗併用住宅やサービス付き高齢者住宅などの建築はすべて賃貸借による家賃や地代、使用料が収益のベースとなる方法です。

土地だけを貸し付ける方法とは異なり、収益を得るためには建物を作らなくてはなりません。

それに対し太陽光発電は、人に土地や建物を貸し付けずにできる土地活用方法であるため実現性が高い方法です。

また立地条件や用途地域の法制限を除外できる点も、実現性を高めている要因です。街の中心部から山林までとどこにでも設置できます。

また駐車場も、借主との契約書だけで良いので比較的はじめやすく、土地が狭い場合なども活用しやすいため、実現性の高い方法と言えるでしょう。ただし駐車場は立地条件が整っていないと収益を上げられない可能性があります。都市部なら有効と言えますが、住宅街や郊外の土地の場合、土地活用には向いているとは言えません。

どちらも、周辺の需要や収益の見込みを事前に調査し把握すれば、リスクを抑えながら上手く土地を活用できるでしょう。

アパートvsマンション

一見すると、アパートとはさほど差がないように見えるのがマンション経営。土地に賃貸住宅を建てる、という点も一致しています。

しかし近年の経営実態には大きな違いもあるようです。アパート経営では基本的に1棟単位で管理しますが、マンション経営であれば1部屋から経営することが可能です。そのため、マンション経営では少ない初期費用でも始められます。ここではマンションとアパートの違いについて詳しく解説しています。

アパート経営と
マンション経営を比較

アパートvs駐車場

駐車場は、土地の表面さえ整備すればすぐに始められる土地活用法です。建物を建てるとなると時間がかかりますし、わざわざ建物を建てなくてもよいという点で、初期費用が抑えられるなどアパート経営よりメリットが高く見えるのですが…。果たしてその実態は?

 デメリットがないように思える駐車場経営にも、もちろんデメリットは存在しています。収益性・経費・税金などの観点から駐車場経営のメリットとデメリットを解説していきます。

アパート経営と
駐車場経営を比較

アパートvs売却

「いらない土地でわざわざ何かを始めるよりも、いっそ売却してしまった方がスッキリするのではないか…」。そんな考え方も一理あります。一方で、せっかく土地があるならアパートを建設して収益を得ていきたいと考える人もいるかもしれません。

アパート経営と売却を比べると、どちらがより良い選択なのでしょうか?ここでは、売却のメリット・デメリットを解説していき、売却とアパート経営のどちらがいい選択かを考えていきたいと思います。

アパート経営と
土地売却を比較

アパートvsトランクルーム

現在の日本では、狭い国土の中にモノが溢れ返っています。そんな中で、「自宅内の限られたスペースでは収納しきれない…」というニーズが生まれつつあるのも確かです。最近では、自宅に置けないものをトランクルームに収納している人もいます。

では、アパート経営に比べ初期費用が安く上げられそうなトランクルーム経営はどうでしょうか?ここでは、トランクルーム経営のメリットとデメリットを解説しつつ、トランクルームの経営は選択肢としてアリかナシかを解説しています。

アパート経営と
トランクルーム経営を比較

アパートvs太陽光発電

「原発などで環境へ負荷をかけるより、自然のエネルギーを循環させたい」。そんな志を効果的に実現してくれるのが、こちらの土地活用法です。太陽光発電は近年注目されている土地活用方法です。

地球温暖化が叫ばれる中、自然エネルギーを活用していこうという考え方も生まれてきています。ただし実際の経営にあたってのデメリットについても、知識を深める必要がありそうです。そのため今回は、太陽光発電経営のメリットとデメリットを解説していきます。

アパート経営と
太陽光発電投資を比較

アパートvsサ高住

今後ますますの高齢化が見込まれている日本ですが、「若年層を狙うアパート経営よりも、高齢者向けの施設を運営した方が良いのでは…」という意見には、高い信ぴょう性があります。果たしてその経営の実態とは?

 ここでは、サービス付き高齢者向け住宅「サ高住」の経営について解説していきます。今後の日本でのサ高住の需要や税金などについても触れています。メリット・デメリットを見ていき、サ高住の経営について考えていきましょう。

アパート経営と
サ高住経営を比較

アパートvs戸建て経営

相続した土地の形状によっては、新たに賃貸住宅を建設するのが難しい、という場合もあります。

そんな時に検討したいのが、戸建て経営です。戸建て住宅は近年需要が高まっています。マイホームを建てる前の方やワンルームマンションでの生活に息苦しさを感じている人もいます。そんな人に戸建て住宅は需要があります。

ここでは、戸建て住宅経営のメリット・デメリットを見ていきつつ、アパート経営と比較してみました。

アパート経営と
戸建て経営を比較

【土地活用比較】アパートvsコンビニ

所有している土地を活用する手段としてコンビニに貸すという方法があります。コンビニに土地を貸すことは、果たしてアパート経営に比べて儲けられる手段なのでしょうか?

 コンビニの需要は高まっているので、土地を貸すとなると安定して収入を得られるのではと考えることもできますが、実際はどうなのでしょうか。

 ここでは、コンビニに土地を貸すことのメリット・デメリットを解説していき、アパート経営とコンビニのどちらが儲かるのか考えていきます。

アパート経営と
コンビニ経営を比較

【土地活用比較】アパートvs事業用賃貸・テナント経営

土地活用の用法には、アパート経営の他に事業用賃貸やテナント経営があります。では、アパート経営に比べて事業用賃貸やテナント経営は儲かるのでしょうか。

事業用賃貸やテナント経営の例としては、商業施設に貸し出すものや店舗として貸し出すもの、オフィスとして活用するものなどがあります。

ここでは、事業用賃貸やテナント経営のメリット・デメリットに触れつつ、アパート経営と比べてどちらが儲けられるかを解説します。

アパート経営と
事業用賃貸・テナント経営を比較

【土地活用比較】アパートvs土地信託

土地活用の方法に土地信託があります。こちらでは、「土地信託」について詳しくまとめました。土地信託は銀行や信託会社に土地を運営してもらう方式ですが、自分の負担が少ないので楽だと思われるかもしれません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

また、楽でも稼げないと意味がありませんが、アパート経営に比べて土地信託は稼ぐことができるのでしょうか。

ここでは、土地信託のメリット・デメリットを解説していき、アパート経営とどちらが儲けられるかを考えていきます。

アパート経営と
土地信託を比較

【土地活用比較】アパートvs定期借地

土地活用の方法として定期借地があります。定期借地は、取り決めた一定期間土地を貸し出して収入を得る方法ですが、この定期借地は稼げる方法なのでしょうか。

定期借地では、土地を貸すだけなので、あまり初期費用がかかりそうにないというイメージがあります。今回は、土地活用方法のひとつである「アパート経営」と比べつつ、お互いにどんなメリットやデメリットがあるのか、どちらがより利益を生みやすいかについて調べました。

定期借地をしようかと検討されている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

アパート経営と
定期借地を比較

【土地活用比較】アパートvs等価交換

土地活用の方法として等価交換があります。等価交換では、建築資金や負担を少なく建物を所有できる方法です。そもそも等価交換とはどういうシステムなのでしょうか?

等価交換は、少ない負担で建物の一部を所有できる方法です。等価交換では、自分が所有している土地を渡して、その場所にマンションを建てます。土地の所有者は土地の価格分のマンションを所有できるというものです。これだけ聞くと、建築費用なしでマンションの一部が手に入るのでメリットのほうが多いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

アパート経営と
等価交換

【土地活用比較】アパートvsクリニック・病院運営

土地活用方法には、医療法人に土地を貸し出して、クリニックや病院を運営してもらう方法もあります。高齢化社会が進行している現代では、クリニックや病院の需要は高まっています。地域に根付いてくれれば、安定的にかつ長期的に収入が確保できるかもしれません。

土地を貸すだけなので、費用もかからないし楽でいいと思うかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?ここでは、クリニック・病院運営のメリット・デメリットをご紹介していきます。

アパート経営と
クリニック・病院運営

【土地活用比較】アパートvs老人ホーム

土地活用の方法として、老人ホームの運営があります。日本では高齢化が進行しているので、今後さらに老人ホームの需要が高まると予想されています。

これを聞くと、老人ホームのは需要もありますし、社会貢献をしながら収入も得られる素晴らしい活用方法だと感じるところですが、実際はどうなのでしょうか。

また、アパート経営と比べて老人ホームの経営は儲けることができるのでしょうか。ここでは、老人ホームの運営のメリット・デメリットを解説していきます。

アパート経営と
老人ホーム

【土地活用比較】アパートvsグループホーム

土地活用の方法として、グループホームの運営があります。認知症や身体的な不自由を持っている人たちの生活を支援するグループホームですが、高齢化社会が進む中で需要が高まっています。

社会貢献性も高く、補助金も降りることがあるグループホーム運営ですが、どういった特徴があるのでしょうか。また、アパート運営に比べてグループホームの運営は儲けることができるのでしょうか?

こちらでは、グループホーム運営のメリット・デメリットをご紹介しています。

アパート経営と
グループホーム

【土地活用比較】アパートvsロードサイド経営

土地活用の方法として、ロードサイド経営があります。ロードサイド経営とは、幹線道路やバイパスのように車の通行量の多い道路沿いに店舗を設けることを言います。

車の交通量が多い場所に店舗を構えるので、利益を出しやすそうだと考えられますが、ロードサイド経営で黒字は出せるのでしょうか?

また、ロードサイド経営は利回りが魅力ということですが、アパート経営と比べてどちらが稼げるのでしょうか?ここでは、ロードサイド経営のメリット・デメリットを解説しました。

アパート経営と
ロードサイド経営

【土地活用比較】アパートvsコインランドリー経営

土地活用の方法として、コインランドリーの運営があります。コインランドリーは、地域の生活に上手くなじみ、利用者を獲得できれば安定した収入を確保できると言われています。

また、アパート経営と比べてコインランドリー経営が稼げるのかどうかも気になります。

ここでは、コインランドリー経営のメリット・デメリットを解説しつつ、アパート経営とどちらが稼げるのかについても解説しています。

アパート経営と
コインランドリー経営

【土地活用比較】アパートvsシェアハウス

土地活用方法として、シェアハウスの経営があります。最近では、若者を中心にテレビ番組の影響もあり、シェアハウスの需要が高まっています。これを聞くとシェアハウスの経営をすると、入居者も多く安定した収入を得られると思いますよね。

アパート経営とシェアハウス経営は似ていますが、どちらが稼げるのでしょうか?ここでは、シェアハウスを経営するメリット・デメリットを解説しつつ、アパート経営とシェアハウス経営のどちらが稼げるかを解説しています。

アパート経営と
シェアハウス

【土地活用比較】アパートvs資材置場

土地活用の方法には、資材置場として貸し出す方法があります。工事現場の近くにあることが多い資材置場ですが、木材や資材を置く場所は必要なので、工事が多く行われる場所では需要があると言われています。

ですが、果たして稼ぐことができるのでしょうか?初期費用がほとんどかからないことや土地を管理してもらえるメリットがありますが、デメリットはないのでしょうか?

そこでここからは、資材置場の経営とアパート経営のどちらが稼げるかについて解説します。

アパート経営と
資材置場

【土地活用比較】アパートvs自動販売機

土地活用の方法として、自動販売機の経営があります。自動販売機の経営は、収益が少なく土地活用として人気があまりないと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

また、始めやすさや初期費用などアパート経営に比べてどうなのかも気になります。それに一番気になるのは、稼げるかどうかです。

ここでは、自動販売機の経営の実情と仕組みやメリット・デメリットを解説します。さらに、アパート経営と自動販売機ビジネスどちらが儲かるかについてもまとめました。

アパート経営と
自動販売機

【土地活用比較】アパートvs貸し農園

土地活用の方法として、貸し農園があります。貸し農園は、土地を個人が農業を楽しめるように開放する土地活用の方法です。では、通常のアパート経営とどのように違うのでしょうか?

また、貸し農園の需要は、レンタル農園という形で高まっていますが、本当に稼ぐことができるのかも気になります。その他、初期費用や始め方、税金についてもどういった特徴があるのでしょうか?

ここでは、貸し農園のメリット・デメリットを解説しつつ、アパート経営とどちらが稼げるかを解説しています。

アパート経営と
貸し農園

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較