開く
閉じる

福井県

このページでは、福井県でアパート経営を考えているという方に向け、福井県や各エリアの特徴、人口など、さまざまな情報を紹介しています。アパート経営に関して情報を集めているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

福井県の概要

福井県は、17の市町から構成される北陸屈指の地方公共団体です。大都市ではないものの、食文化や風土、自然環境、産業、職場などが複雑に絡み合いながら、独自の文化圏を形成しています。

年間の降水日数が約170日と非常に多く、「弁当忘れても傘忘れるな」という格言があるほどなのだとか。山間部は豪雪地帯となっていますが、沿岸部は比較的暖かく、冬でも雪より雨が降ることが多いのだそうです。

とりわけ自然豊かな環境は目を引くものがあり、足羽川の桜並木、あじさい、越前水仙、及び海岸線一体が国定公園に指定されているエリアの観光スポットは、福井県の財産であると同時に、観光産業の目玉となっています。

人口は令和元年12月1日現在、総数が767,167人。最大の都市は福井市で262,466人、主要都市では敦賀市で64,417人、鯖江市で68,597人、越前市で79,920人、坂井市で88,713人となっています。

地価は全体的に下落、一方で上昇エリアもあり

国土交通省の地価公示によれば、福井県の公示地価は最近6年間(平成25年~31年)で-9,5%も下落しています。この数値の持つ意味には、住宅需要の減退も含まれますが、一方で福井市や敦賀市などでは地価が上昇しているエリアも多くあり、アパート経営など土地活用の機会は十分にあります。

福井県でアパート経営に乗り出すときは、地価推移の見極めが一つのポイントになるでしょう。その地下推移から見る福井県における不動産投資のターゲットは、市町村地価ランキングの1位と2位を占めている福井市と敦賀市が中心です。

高額な家賃設定はほとんど不可能

福井県は大阪や神戸のような大都市ではないため、物件のクオリティーにもよりますが、アパート一室当たりの家賃を高額に設定することは難しいでしょう。福井県の平均家賃相場は間取り別で、1Rで46,000円、1Kで41,000円、1LDKで59,000円、2LDKで65,354円、3LDKで84,000円、4LDKで94,000円、5LDKで97,000円程度です。

つまり、家賃が100,000円を超える賃貸物件となると、ほんの一握りということになります。福井県でアパート経営を成功させるには、コストを抑えての薄利多売が基本路線になるでしょう。

都市によって異なる間取りの供給割合

食や方言などエリアごとに文化が違う福井県ですが、実は間取りに対する需要も都市ごとに違いがあります。例えば、県庁所在地の福井市や鯖江市、越前市では1LDKの割合が圧倒的で、次に2LDKが多いという状況ですが、その他の都市になると、1LDKと2LDKの割合が半々になっています。

一方、3LDK以上になると県全体を通じて供給が少なめです。つまり福井県では比較的、シングルタイプの物件需要が多いということですが、当地でアパート経営を始めるときはこの点に留意しておいたほうがいいでしょう。

県庁所在地・福井市でのアパート経営は?

福井県で最も大きい都市は、県庁所在地である福井市。その分物件数も多いのですが、空室率が35パーセントを超えるなど、非常に高い数字となっています。地価も他の北陸地方の県の県庁所在地に比べて高いわけではなく、福井市内でアパート経営を考えるのであれば、そのあたりの数字を検討することは、避けては通れないでしょう。しっかりと理由を分析した上で、地域住民のニーズと照らし合わせて物件経営を円滑にすすめる糸口を探っていきたいところですね。

福井市以外でのアパート経営は?

福井市以外でアパート経営をするとなると、敦賀市、越前市あたりが候補に挙がりそうです。これらの地域は福井県の自治体の中では比較的物件数が多いほうで、空室率も20パーセント台後半と、福井市と比べるとやや低めとなっています。ただ、いずれにしても経営を行うのであれば、相応の対策を練っておく必要はありそうですね。

雨をどう考えるか

福井県は、雨が非常に多い地域となっています。そのため、福井県で物件経営をしていくにあたり、雨の影響を考えるのは必然と言えます。雨の影響にはさまざまなものがあります。たとえば雨による湿気、近隣の施設へのアクセス、雨そのものが物件に及ぼす影響など…。特に新しい物件を建てるということであれば、そのあたりを考慮に入れる必要がありそうですね。

福井県でアパート経営を行なうには

福井県は全国的に見ても、アパートの空室率が高いエリアにあると言えます。ただ、これは需要に対して供給過多になっているのが理由だと、一概に断じることはできないでしょう。なぜ空室の物件が多くなっているのかを探るのは、福井県でアパート経営を行う上での最初の一歩だと言えそうです。そこでしっかりと原因が分析できれば、対策を取った物件を用意し、運営していけるはず。地元の情報を豊富に持つ地場の建築会社と力を合わせ、しっかりと対策をとっていきたいところですね。

また、福井県でアパート経営を行う際に気を付けるべきことは、自身が運営するアパートの建物が、街の景観に悪影響を与えることのないようにすることです。

というのも、福井県は県を挙げて美観・景観の保守に熱心であり、それを目的に、屋外広告物法に基づいた「福井県屋外広告物条例」も制定されているからです。当条例の下では、賃貸アパート屋外広告物についてガイドラインが策定されており、広告物のデザイン、色彩、素材などは、このガイドラインに沿ったものにしなければなりません。

福井県でアパート経営を始める際は、こうした点を考慮した上で、運営者自ら現地調査を入念に行うと共に、建築工事に当たっては、条約や規制を十分に理解し、なおかつ地域の事情をしっかり熟知した建築会社への依頼が望ましいでしょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地狭小地で数百の実績
    高利回りを実現するなら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプランで
    地方の土地を得意とする
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ大手
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較