開く
閉じる

鳥取県

このページでは、鳥取県の特徴や賃貸経営事情、アパート経営を行うときのポイントや注意点を解説しています。

鳥取県の概要

人口総数56万人の鳥取県は、日本全国で最も人口が少なく少子高齢化が進んでいる地域ですが、一方で、鳥取砂丘や大山、白兎神社、水木しげるロードなどの全国的にも有名な観光スポットや景勝地を数多く抱え、豊かな観光資源を背景に観光都市としての高いポテンシャルを秘めています。

食文化も旺盛で、とうふちくわ、ふろしきまんじゅう、大山おこわなどの名産があり、稲田姫や諏訪泉などの日本酒も生み出しています。

このように産業全体としての厚みはありませんが、自然や観光名所を中心に地元ならではの魅力を多く備えているのが鳥取県です。

主要都市は県庁所在地の鳥取市をはじめ、米子市(約15万)、倉吉市(約4万7千)、境港市(約3万3千)などがあります。

新規参入の場合、投資できるエリアは限られる

日本全国でもトップクラスで人口が少ない県として知られる鳥取県においては、賃貸経営における入居者獲得競争熾烈で、新規参入の場合、投資できるエリアは限られています。

当然ながら、人口の多い地域が投資先として有力になりますが、鳥取県の場合、最も人口が多いのは鳥取市(約19万)、次に米子市(約15万)、倉吉市(約4万7千)、境港市(約3万3千)と続きます。

こうした人口密集エリアでいかに生活利便性が高く、また賃貸需要の高い投資先を見出すことができるかがポイントになるでしょう。

賃貸経営の有望エリアは鳥取市と米子市

鳥取県の駅ごとの賃貸状況を見ていくと、鳥取駅周辺が最も賃貸物件が多く供給されています。その次は鳥取県第二の都市にある米子駅周辺、3番目は湖山駅(鳥取市)、4番目は鳥取大学前駅(鳥取市)、5番目が後藤駅(米子市)です。

こうした状況は、鳥取市と米子市の人口、学校、店、病院の多さ、交通の利便性などにおける、1位と2位の結果をそのまま反映していると言っていいでしょう。

鳥取県でアパート投資を考えるとき、まずはこの2つの街がターゲットになります。

県中央部にも投資先の穴場あり

鳥取県下における賃貸経営の有望エリアは鳥取市と米子市ですが、交通アクセス面から見ていくと、県中央部に位置する倉吉市(人口約4万7千)も投資先としてかなり有力です。

なぜなら、倉吉市は中央部にあって自然環境に恵まれているだけでなく、県内のどこへでもアクセスがしやすいからです。

車を使えば鳥取市や米子市まで1時間程度で行くことができますし、その他の地域へも比較的短時間でアクセスすることができます。中心都市以外の穴場として、倉吉市は注目に値するでしょう。

鳥取県の「変形地」事情

通常、土地は四角形、あるいはそれに近い形でやりとりされることが大半ですが、区画整理の都合などでいびつな形で残っている土地が稀にあります。また、一つの土地の中に、高低差があるような場合もあります。そうした土地を「変形地」と呼び、一般的には通常の土地よりも価値が下がります。鳥取県においても、こうした「変形地」が見られることがあります。

「変形地」の売却方法

鳥取県は比較的土地が残っており、特に郊外などでは広大な土地を所有している人がいます。一方で。区画整理が進んだ市街地などでは、変形地が残っていることがあり、場合によっては手つかずのままになっているようなこともあります。

変形地は扱いが難しく、そのまま活用するのが難しいということもありますが、土地も所有しているだけでは固定資産税など多くの税金がかかってきます。

そこで、いっそのこと隣接している土地の持ち主に売却する、ということを考えてみてもいいでしょう。価格に関しては通常よりも安価になるところですが、土地を購入するメリットを分かりやすく提示できれば、ある程度の価格で購入してもらうことも可能かもしれません。

また、売却先の持ち主の土地と合体することで変形地が変形地でなくなるケースもあり、そうなると土地全体の価値を上げられる、ということにもつながるでしょう。

「変形地」の活用方法

変形地の活用方法として、思い切って手放してしまうのも一つの方法です。ただ、希望の額で購入してくれる売却先が見つからない、あるいはさまざまな事情で土地を手放したくないというときは、その土地を使って何らかのビジネスを行っていくべきでしょう。

変形地はそのままだと住居やテナントなどには使えないところが多いのですが、たとえば駐車場であれば、細長い土地であっても十分利用できます。

また、倉庫やトランクルームといった、近年新しく増えてきているビジネスモデルの活用にも効果はあるでしょう。そして、若い人が集まるようなエリアであれば、思い切ってアパート経営に踏み切ってみるのも一つの方法です。鳥取県は近年、治安の良さや自然の多さなどから若い移住者に人気があり、そうした人たちを対象に賃貸物件を経営するというのも一つの方法だと言えます。

いずれにしても、変形地はそのままではなかなか活用が難しい土地となっていますが、使い方を工夫すれば、鳥取県でも十分に有益な利用方法ができます。土地を所有している場所の周辺環境や人々のニーズなどを考慮していくことで、最適な活用方法が見えてくることもあります。売却も含めてさまざまな方法を検討し、ご自身にとって最適な形で活用していけるようにしてみてください。専門家に相談をしてみるのも、一つの手として有効でしょう。

鳥取県でアパート経営を行なうには

鳥取県でアパート経営を行うときは、鳥取県全体の人口が少なく、賃貸需要も他県に比べてそれほど高くないことを考慮に入れておく必要があります。そうした予備知識を前提に、いかに生活利便性の高いエリアで収益性の高い物件を得ることができるか、その点が最大の課題になるでしょう。

規制に関して目立ったものはありませんが、アパートを新築する場合は、建築基準法に基づく建築確認や完了検査などが行われますので、きちんと応じる必要があります。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 変形地狭小地で数百の実績
    高利回りを実現するなら
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
    ハステック
  • 多彩なプランで
    地方の土地を得意とする
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ大手
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較